倹約レトルトカレー生活というニュース記事が気になった。
「おひとりさま」というのは「石田ゆり子」という人がなのか?
ただこの人物よりもレトルトカレーが倹約なのかということだ。

石田ゆり子「おひとりさま」倹約レトルトカレー生活

「石田さんは、閉店間際に来て、ささっと買い物をすませて帰っていかれました。この前、なんかレトルトカレーを買い込むのを目撃しちゃって。お好きなのかしら(笑)」(買い物客)

レトルトカレーの価格

カレーの写真


最安のレトルトカレーだと50円台から売っている事。トップバリューの中辛
300円程度で4袋買えるものも増えてきている。
10年前には100円以下でレトルトカレーの選択肢は中々なかったものですけど、最近はデフレな感じで増えているきがする。
高級レトルトカレーについて

レトルトカレーの費用

仮にレトルトカレー(ルー)が100円とするとご飯が100円未満で用意すれば200円程度
あとは電子レンジ台と炊飯器代のコスト。
家電の電気代は生活家電の電気代よりも極端に高くつくことはない為、
1食当たり250円程度で済むだろう。
吉野家の黒カレー(並)を食べてみたりするよりお得だとはいえる。

倹約けんやく

むだを省き、費用を切り詰めること。節約。

自宅でカレーを具を買ってきて自炊するよりも
ご飯だけ炊いて置いて、レトルトカレーで毎食すませたほうが無駄は無いのだろう。
ゴミも手間がかかりますし時間がそもそも無駄に発生すること考えたら、レトルトカレーが結構優秀なのだろう。

これが仮に
子供がいる家族などの世帯であればレトルトカレーよりも自炊でカレールーと具で作った方がコスパは良いのかもしれませんが。
夫婦程度の人数であればレトルト野方がコスパは良い気がする。
※年取るとご飯大量に食べれなくなったりしますからね。

気になる点

カレーばかりがメインの食事としては栄養バランスは偏る。
仮にカレーばかり食べていて体調崩したら元も子もない。
レトルトカレーは美味しいですし便利な食事でありますがほどほどが良いとは言える。

商品によってトランス脂肪酸とかも含むものも有るので注意は必要。
食品添加物をほとんど含まないレトルトカレーが好ましい。
ビーフと野菜のスパイス際立つビーフカレー辛口|TOPVALU レトルトカレー