自民党の藤墳守県議会議員が
「同性愛は異常」とヤジを飛ばしたそうで、
先日のどこぞの議員といい、自民系地方議員屑ばかりに思う。
人権の価値観が皆無な政治家が多すぎだろうこの政党。
練馬区議(自民党)が議会で渋谷区条例を批判

スポンサード リンク

<「同性愛異常」やじ>自民岐阜県議「深くおわび」役職辞任

毎日新聞 12月11日(金)18時6分配信

 岐阜県議会本会議で「同性愛は異常」とやじを飛ばした自民党の藤墳(ふじつか)守県議(74)は11日、記者会見し、「発言を撤回する。深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 藤墳県議は10日の本会議での発言の後、「同性愛を社会全体が認めて拡大すれば人口減少につながる」と説明。「発言は撤回しない」としていた。しかし会見では「昨夜、他の人から言われ、(同性愛者らを)傷つけてしまったかもしれないと気付いた」と述べた。

自民党系の議員はこの手の性差別主義者が多すぎ。それこナチスドイツとかわらない価値観が根底にある。
こんなやつに投票している輩も同罪だ。
性的マイノリティーというのは望んで、そうなるものでもないし、
異性を愛する行為というのもそれが望んでなるものでもないという基本すら理解できない人として
無能の集まりが政治を行うというのは無理がある。
こいつらいっぺん赤ん坊から再教育しなおしてこいと思う。
ヘイトスピーチはNGで性的マイノリティーへの差別はOKと思っている自民党の政治家は一体何様なのか理解不可能である。

「同性愛は異常」藤墳守・岐阜県議がやじ 発言撤回せず

朝日新聞デジタル | 執筆者: 朝日新聞社提供

岐阜県の藤墳(ふじつか)守県議(74)=自民=が10日、本会議中、「同性愛は異常」とやじを飛ばした。県職員がツイッターに同性愛者を差別する投稿をした問題に関する質疑の最中だった。藤墳氏は取材に「同性婚を容認している社会が異常という趣旨」と説明。発言を撤回するつもりはないという。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/12/10/gifu-yaji_n_8777086.html

本当この手の労害は、石原慎太郎で終わりにしてほしいものだと思うばかり。
自民党系議員ばかりの問題発言が目立つが60歳以上の人らはたいていこういう考えなんですかね。
性的マイノリティーに「異状」という烙印押し付けて何が楽しいんでしょうか?
「異状」だと決め付けてかかって何か利益でもあるのでしょうか?
自由民主党(自民党)は性的マイノリティーの人権は考えない政党

余談

そもそも同性愛だとか性転換症者にのぞんでなる人はいない。
性的な指向も年代によって変化する事例もあると言われていたりするため異性にたいして性的指向が向くのが必ずしも正常と固定化して考えるのがオカシイ。むしろ変動性を認めないでバッシング(差別)するのが人道的ではない。
ひとまず性差別なくしたいという価値観があるのであれば同性愛とか、許容すべき問題だと思うのですが歳とりすぎた政治化は頭が固すぎるしもう脳味噌の皺が増やせないのでしょうか。

今回の 藤墳 守議員は辞職するということらしいですが
小泉純二という練馬区議は辞職発表はいつなのですかね?
練馬区議(自民党)が議会で渋谷区条例を批判
同じことをやらかしても異なる対応をとる自民党は不気味な感じ。
あと県議会議員のリテラシーも疑問。