複数の一万円札
「働きたくない」とだれしも思ったことは有るはずだ。
ただしお金が無いと生活できない。
資本主義経済であるため、基本的に労働して収入が無い限りは、遊んで暮らしたり何もせずに過ごすことはできない。
何もしなくても家賃はかかるし光熱費もかかる。
払えなくなればホームレスになるだけだ。
資源回収泥棒とホームレス

スポンサード リンク

働きたくない就職活動


中卒は少ないと考えられる
高卒、
大卒が多いだろう。
地域差も有り都市部の方が大学進学率は高い。

働きたくない 就活

大卒前に就職活動するのは大学3年生と4年生だ。
都市部の就職活動 東京中心に大手企業は多い。地方の企業でも東京に支社が無いことは殆どない。
地方の就職活動⇒地方は大企業が少なく中小企業が多い。
給与や待遇面でも都市部と比較すると低いことがザラ。
桐崎栄二(きりざきえいじ)という高校生ユーチューバー月収150万超え
高校生ユーチューバーですら、月収150万超えするのだから、可能性はゼロではない。

お金は欲しい

給与袋
『働きたくないでござる』というフレーズがWEB上にあるが、だれしも「働きたくないけどお金は欲しい」という考えがある。
大金を持っていてもお金が欲しいと思うのが今の現在社会で一定の貯金だけで途上国や物価の安い国に移住する人の方が稀有だ。
金ってどうやって稼ぐの

お金がない

資本主義の世の中なのでお金が無いと住む場所が維持できない。
光熱費も止まると都市部では致命的に生活できない(山村などで自給自足している場合は別だが現在の日本では希少派だろう)
病気やけがをすると治療費もかかるためお金無しで生きることは困難だ。
金がないほど選択肢は少なくなる。
就職先や仕事の内容も少なくなる傾向が見られる。
結果貧困層が貧困のままな状態に陥る。
趣味で稼ぐ方法について

働きたくない 仕事

3Kと呼ばれる仕事
キツイ・キタナイ・キケン。
現在ではパワハラなどのブラックな勤務実態の仕事が挙げられたり「社畜」といったスタイルが当たり前に普及している。
日本は経済の仕組みが中小企業が過半数を占めている影響で最低賃金が低い。

働きたくない人が生きる方法
  • 年金(国民・厚生年金、障害年金「障害基礎年金」「障害厚生年金」)
  • 生活保護

日本では、この程度の社会制度が無い。
すべての人が受けれるわけではなく一定の条件を満たす必要がある。
国民全員に お金を配布する「ベーシックインカム」も一部で模索されているが、この制度を導入している国は少ない。
仮にベーシックインカムが施工されたとしても今の仮設での検討額は10万円未満で推測されることが多いことから、ベーシックインカムだけの収入で東京都内で生活するのはほぼ不可能だろう。反対に保険料の値上げや税金が増加したらどっちにしても首が回らなくなる可能性も存在する。

稀に**年金など重複して受けることで何十万円も手にしている書き込みが見受けられるが、1つの手当てでは10万円程度しかもらえない。
国民年金などは、1人1世帯だと、6万円程度~

働きたくない人の選択肢アフィリエイト

文字『アフィリエイトが儲かるのか?』
アフィリエイトで儲けよう
アフィリエイトが儲かるのか?

仮想通貨で儲けよう

これは非現実的です。
今でこそ大企業が参入してきたりしていますが仮想通貨の元年から考えてもあまりにも使える場が少ない現実があり、リスクの方が高いと言えます。
現にビットコインは価格が高くなりすぎたために送金の手数料が高くつくという結果に至っています。
今後仮想通貨の仕組み自体は生かされる可能性が有りますが現行の仮想通貨がまるっと生き残れるのかについては疑問視します。
ビットコインの分裂のように思惑が働くリスクも有る。
ビットコイン分裂騒動の私的な読み
中央集権が無い仮想通貨のハズが、やはり仮想通貨のチェックをするパイが大きいところの思惑が強くなるという皮肉な面が表面化したことは新しい火種になる要素となりました。

せどりで儲けよう

せどり・転売のデメリットは仕入れが必要な事。
発送の手間もかかる為不労所得とは言えない。

働きたくないなら投資で稼ぐ?

チャート
働きたくないから投資でトレーダーとして生きる考え方

  • 株式投資で儲けよう
  • バイナリーオプションで儲けよう
  • 株式投資は資金が潤沢な人が有利
    バイナリーオプションは低資金から始めることは可能ですが長か半かの二択なのでギャンブルでしかない。

FXは為替取引として認識できてレバレッジコントロールがきちんとできるのであればお勧め。

トレーダーで儲かるには?

  • 売買差益
  • 金利
  • 株主優待
  • 所得税も低い為「投資」はメリットが大きい。

デメリット

資金力が物を言う(小額だと不利)
短期売買よりも長期間保持できた方が、結果的に良い金額で売り抜けれることが多い。
デイトレの方がリスクは少ないが利ザヤも小さく売買回数を沢山積み重ねないといけない。
働きたくない エンジニア

結婚で働きたくない?

結婚して働きたくないと思う人は意外と多い。
近年では女子高生の時から働きたくない+進学したくないという層が増えているそうだ。 結果結婚を視野に入れているというのだから末恐ろしい。

働きたくない 結婚もしたくない

結婚したくない男女は増えている。
晩婚化もこの現象に含まれるほか、結婚しなくても子供は欲しいという女性も見受けられている。
専業主夫が誕生し始めたのは2000年以降で、メジャーなものではない。
高齢な人ほど昭和的な生活スタイルが根強い為、

婚活

働きたくないから 婚活する人も一部いるそうな。

労働時間

8時間 働きたくない
日本のフルタイムの勤務は労働基準法の兼ね合いから考えて8時間週五日勤務が一般的。
残業代などの割り増し賃金も40時間以上が基準となっている。
パートタイムで勤務したい人で8時間以上など働きたくない就職希望者も存在している。
この時間のミスマッチは雇用主は短時間アルバイトでも数を確保したい思惑があることが殆どですが、就労者側からするとフルタイムで働きたいのに数時間しか働くことが出来ないと収入が減りミスマッチが致命的な物となる。

3k

きつい きたない きけん の3つのKでなる単語。
昔は現場作業などが危険でキタナくきつい仕事とされていたが
近年では労働人口の変化から職業の定義は変化してきている。
2018年度時点で日本で働きたい外国人ですら募集している求人の大半が建設現場作業委と言う。

どうすれば?どうしたら働かなくてよいのか?

落ちている給与袋

  1. 莫大な財産が転がり込んでくる
  2. 宝くじで1等で数億円当選する
  3. 主婦・主夫になる(扶養に入る)

生活保護

働きたくないということだけでなく、何かしらの事情ですぐに働けなくても
日本では、最低限の文化的な生活を送れるように日本国憲法では生活保護が認められており、月に住居人は別に数万円の生活扶助が貰える。
ただし生活保護は、足りない生活費を支える物であり収入があれば差し引かれる。
就労支援や就労指示もあるため働かくなてはならない。その上で収入が働いていても低い場合には転職を促されることまである。

現実問題としては犯罪を行い逮捕されて刑務所行の受刑者が増えるよりも生活保護受給者が増えたほうが税金の負担は安いという皮肉な現実も残っている。
生活保護打ち切りで放火魔に?足立区・北区の事件
しかし生活保護切り下げも政治家は躍起になって取り組んでいるのが実情だ。
無刑務所もあふれかえっている状態。
外国人犯罪の増加も悩みの種である。

働きたくない どうしよう

働きたくない から生活保護というわけにはいかない。
生活保護では就労支援の指導が福祉事務所には出来る。
健康体で労働人口の世代の人だと疾患が無い限りは就労の指導がなされる。
働くくらいならしにたいと考えていても、生活保護かだと就職活動しなくては生活保護が打ち切られるだけである。
中には高圧的に就職活動しないと打ち切ろうとするケースワーカーも居る。
生活保護の状態では宝くじにでも高額当選しないかぎりは、働かずに暮らすことは不可能である
生きるか死ぬかまでもらえない生活保護?(自民党の片山さつき議員の発言から)

アルバイト編

働きたくない バイト
働きたくない バイトとおすすめの仕事
土建:土木建設現場の作業員。炎天下にさらされての仕事は夏場は地獄、冬場でも紫外線は強い為年中日焼けすることになる。事故の危険性が常に付きまとう。現場監督や、免許もちで特定の仕事に従事しない限り日雇いだと賃金は安い。

コンビニ:給与の額よりもやる事は多い。泥酔客とのトラブルも可能性が有る。バカッター客のトラブルも各地で見受けられる仕事。近年では外国人の店員が増えている業種の一つ。

建設現場で働くよりかは、工場勤務の方が圧倒的に仕事は楽だし環境も人道的だと考えられる。
建設現場作業の労働者にたいしての働きやすさはここ半世紀位進歩していない。
土建従事者に若者がこないのは必然だといえる。
ブルーカラーの仕事よりもキツイのだから。
【寮付・未経験OK】工場ワークスは業界NO1!

年齢による働きたくない問題

一万円社会人1年目に働きたくないと思う事はある。
高卒なのか中卒なのかでも深刻度は変わるが、大卒だとほぼ致命的。例外として大学院などもあるが稀有。

10代

働きたくない 10代として17歳未満は高校生以下なので中卒か高校中退だ。これも人口比率からは現在は希少だ
18歳 19歳
10代でフルタイムで働きたくないというのは単に同世代の人がまだ働いていない文化的な面が大きい問題だといえるだろう。

30歳30代

30歳になると30代ということで職場でそこそこの立ち位置にいることになる。
20代とは責任や仕事内容も大きくかわり裁量が許される年代だ。
しかし仕事と家庭、ライフプランなどの軋轢からプライベートが保ちにくくなり支障をきたす人も増えてくる年齢だ。

40代

40代になっても働きたくないという人は致命的に危険。
男性よりも女性の方がリスクは高く働いたことがない主婦などは社会復帰はハードルが高い。
無職なのか独身なのかでも問題は大きく変わる。

50代

50歳代にもなると60台を控え社会的にも地位が有る職場か、負け組化が明確化している。
転職は現実的ではなく、可能性としては独立が出来るか否かだろう。
フランチャイズビジネスに手を出す人もこの辺りが多い。
50代以降は60歳以降は定年退職も控えている為退職後を視野に入れる世代となる。
同期も会社にはほとんどいなくなることが多い為、いかに残りを過ごすかに焦点を取られがちになる。

60歳以降

60歳以降で働きたくないと言う人も存在する。
高齢者に該当する年齢だが年金受給がさらに高齢化することでよほどの障害とか無い限りは手当などは無く医療費も負担が大きくなる年齢で
働きたくないと思っても労働以外に収入がなければ働かなければならない。
65歳という節目までいかに生きるかが分かれ目になる。

働きたくない ホームレス

手の上のコインホームレスになったとしても働かなくてよいわけではない。
食事・風呂などの生活は生きている限り離れることはできない運命だ。
糧を得るためにゴミ捨て場から資源ごみを拾って持ち帰ったりすることは違法行為であるし、社会のルールから逸脱することはホームレスという選択肢でも不可能である。