一人暮らしは情報収集に始まり、部屋探し、物件訪問を繰り返していざ契約という流れを始めてするときは本当に疲れます。
hiikosi-5
よい物件と出会えるだけでも難しいことですが、住んでみて色々とわかる事実もあったりします。
それらの色んな疑問を減らすための内容を記述します。

スポンサード リンク

賃貸の条件

  • 家賃
  • 一般的には収入の1/3が目安と言われています。
    手取りの月収が20万円だと6万円から7万円程度ということになります。
    13万円残ったとして、ここから光熱費や食費通信費や交際費を消費するので、妥当な金額だと思います。
    逆に手取り月収がこれ未満だと、都内での1人暮らしは1R60000円程度からの家賃なので、厳しい金額なのかと思いますorz
    都市部でも他県だと多少は家賃は安いものなんですけどね・・・
    東京都内でも23区でも西側の市等が家賃相場は安いようです。
    東側は江戸川区で探すくらいであれば、千葉に行った方が安いのが現状ま賃貸事情です。

  • 立地
  • 賃貸で住む場合に場所が鍵になります。駅名で徒歩何分という物件でもこれが1駅離れていることで家賃相場が安いことも多々見られます。このため、駅は最重要のポイントで無い場合は***駅~**の間という枠組みで物件検索するのが無難です。あまり限定しすぎるとこの時点から物件が見つからないことになりますので。
    ポイントとしては急行が停止する駅や乗り換えが多い主要の駅では近隣の家賃相場も高くなる傾向があります。

  • 部屋の広さ
  • 基準は18㎡基準で考えます。1Rだとこれよりも狭い部屋のケースは存在しますが、大体快適な1人暮らしをするには、18㎡以上は必要と考えるべきです。
    キッチンと部屋が分かれてる1kになると、これよりもやや広く20㎡~となったりするのですがマンションやアパートの数は1Rよりも少なく家賃は1万円程度高い傾向が見られます。安い1Kが見つかればそのほうが便利ではあるんですけどね。
    たまに見つかるものでロフトがついていたりする物件も見られますがその場合は実際の生活スペースが広がるのでこれはこれで便利だと思います。

これらの基本的な条件で優先順位と譲れない項目を厳選した上で、物件探しに挑みます。

情報収集の方法

  • 不動産屋に直接出向く
  • 一人暮らしのための賃貸マンション(アパート)探しでもやはり基本は足で探すことが一番メリットがあります。インターネットがどんなに発達したからといって、直接でむいて話して聞いて探すことは、最新の情報と出会えて確実に比較することが可能なので、直接不動産やを見聞きして回ることが最短距離です。これはいくらPCの前で吟味することよりも、効果があります。

  • インターネット
  • 24時間自宅から検索可能なのでいつでも無料で調べることが可能なので必須ツールのインターネットで検索すること。これは便利なのですが最近では賃貸情報をネットワークでデータベース化して共有している業者さんも多いようなので、最新の情報が掲載されていることは多いのですが、それでも、ほんのちょっとしたタイミングでもう借りられていたということも多分にあります。
    インターネットはどこにどういう不動産屋があるのかといったことを知る為のツールとして使うほうが利口です。

  • 賃貸情報誌
  • 賃貸情報誌は、大まかな土地に対して、どういう物件が多いのかをざっと把握するのに役に立ちます。賃貸情報誌を見れば、3DKなどが密集している地域や1Rが少ない地域などが、大まかに見て取ることが可能です。ただし、あまり即借りれるような物件と出会った記憶がありません。基本的にはデータだと思ってみるようにします。あと賃貸情報誌は10万円以上の物件が比較的掲載されていて、1R(ルーム)のような物件は、ほとんど載っていないので、目的用途によっては全く役に立ちません。(地域差はあるとは思います・・・)