今の時代年収400万円代の人が最も多いとのことですが、あなたの今後の見通しで年収500万円稼ぐことが出るとお考えでしょうか?

男性の年収が”400万円”以上じゃないと65%の女性が結婚を希望しない。

月収30万円の月収を60万円にする方法について紹介します。

スポンサード リンク

一般的な収入形態の壁

月収30万円のサラリーマンが、60万円の月収を得ようとすると賞与や待遇が変わらない限りは
労働時間を増やすしかありません。
そもそも年収や賞与が右肩上がりで増えていくことは早々起きません。
何も自分の向上としての変化がない限り、収入が増える材料がないのです。
毎年、年功序列で勤め続ければ月収が増える仕事というものは過去の遺物です。
会社勤めは、労働時間に対する給料という考え方が一般的です。(残業手当・深夜手当など)
働いた時間に対してもらえる給料という仕組みは、
自分で起業して獲得する収入よりも低リスクで確実に収入が見込める鉄板の方法です。
しかし今以上の月収を給料で増やしてほしいと要求をしても安易に給料アップに応じる経営者は普通は存在しません。
この為収入を増やそうとしても、物理的に不可能な時間という制限があるため会社勤めで給料を増やしたいのであれば昇進するか、給料が高い職場に転職するかが手っ取り早くなります。
もしその選択がない場合は、副業を行うか、自宅にいる時間にできる作業で報酬を獲得するしか手段はありません。
ニートとして生活するには:稼ぐ方法編

副業

アルバイト
パートタイマーとして正規雇用以外に別に働く人もいるようです。
しかしこれは移動時間などを考えとあまり効率が良い手法だとはいえません。

  • 12時間フルタイム+残業で働く事
  • と比較して

  • 8時間フルタイムの仕事と、+3時間別のアルバイトで働くことは
  • 後者の方が労働時間は短くとも体力的にキツイです。
    副業で何かもう一つ仕事をする場合には、アルバイト以外のもっと肉体的に疲れにくい方法探した方が賢明だと言えます。
    10万円で起業する方法『堀江隆文ことホリエモンが「10万円で起業するには」というテーマで解説している』

    自宅で内職

    内職
    最近ではSOHOの仕事に特化したサービスも増えているため自宅で出来る仕事を請けやすくなっています。
    プログラムの開発なども仕事を投げる側が無茶苦茶な要望を伝えてくる事例が多いようなので信頼ができる発注者の見極めがかなり必要になっています。
    しかしながらプログラマーのような知識が無い限りは、記事作成の代行など割と低収入な仕事になってしまったり仕事が必ず請けれるかどうかも安定しないため、不安定な面はいなめません。
    SOHOで暮らすことを考えるのであれば自営業として働ける職を探した方がまだ健全に思えます。
    20代の既卒・ニート・フリーター・大学中退・高卒・第二新卒を専門にした就職支援!再就職ならジェイック

    アフィリエイト

    WEBサイトの広告集で稼ぐ方法で、アドセンスなど以外にも物販のアフィリエイト広告で売り上げの一部を報酬としてもらう方法です。
    アフィリエイトで稼ぐ事が出来るのか?
    確定ベースで最短で翌月に振り込まれるASPも存在していますので、割と短期で成功すればローリスクハイリターンが狙える分野でもあります。
    サイト作成の知識以外に、特定ジャンルに特化したサイトを作る知識や集客の為のSEO等、身に着けないとブログを作ったのに全く利益が発生しないという可能性も反対に存在しています。
    SEOで集客できない場合には、PPC等の広告出稿で利益を得るくらいの貪欲さも求められます。

    投資

    株式投資やFX(外国為替証拠金取引)など金融投資が一般的になりましたが
    これらの投資は、元本を割り込むリスクがあり、必ずしも収益が増えることを保障されていないサービスです。
    専門知識を身につけたうえで冷静に取引できる人は試してみるのもよいと思いますが一か八かになると本末転倒になります。
    最近では不動産投資のサービスが注目を集めているようですが、素人だと食い物にされる危険性が大きいです。


    I/61SeCYSMZ%2BL._SL500_.jpg” alt=”年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学” align=”right” border=”0″ />

      年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学

      《浮かぶ都市》の高卒者は、《沈む都市》の大卒者より給料が高い――。
      気鋭の経済学者が実証した「ものづくり」大国にとっての不都合な真実!

      「いい仕事」はどこにあるのか?なぜ「いい仕事」は特定のエリアに集中するのか?
      アメリカではシアトル、オースティンといった都市で
      労働人口増加、投資増加、雇用増加の好循環が生まれている一方、
      かつて製造業で隆盛を極めたデトロイトなどの都市は
      過去20年以上にわたり人口流出、失業率の上昇に悩まされている。

    • メーカー: エンリコ モレッティ,池村 千秋,安田 洋祐(解説)
    • 出版社: プレジデント社
    • 発行日:2014-04-23

    • 年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学

    20代の既卒・ニート・フリーター・大学中退・高卒・第二新卒を専門にした就職支援!再就職ならジェイック