毎日洗濯する人もいるのではないかと思いますが、
いまいち分かりにくい衣類の繊維毎の『洗い方』と「干し方』について解説します。

スポンサード リンク

素材ごとに洗い方は異なる

一言で布といっても 素材ごとに洗い方は異なる上に、干し方も違いがある。
洗剤だって適したものを使わないと痛めることになるので注意が必要だ。

化学繊維の洗い方

  • http://www.kao.com/jp/kajinavi/item_05_02.html
  • ポリエステルやナイロン、混合した繊維などは名称もことなることが多い。一見しただけでは天然の繊維と見た目では判別しにくい素材も在る。
    天然素材の繊維以外は洗い方や干し方は注意したいところ。塩素系の漂白剤なども気をつけないといけない点は多い。
    抱き枕カバーなどは最近はこったデザインが多いので十分カラーが落ちないように気を配ることだろう。

    天然繊維

    綿や、麻、絹、レーヨン、毛(羊やヤギ)などが、代表格だろうか。

    綿はティシャツに多い。
    麻はジャケットやワンピースやスカート、ボトムに使われる事が多い。

    絹は下着やランジェリー、寝巻きなどだろうか。

    各種繊維にあわせた洗い方や干し方があるが、品質表示マークをよく確認してから選択しないとこれらも容易に。

    皮革

    革は厄介だ。天然の革を用いた服は少ないが、止め具などで、固定している衣類も中にはあるかも知れない。基本的にはエナメルのような、人口比較であれば問題は大してないが、天然の革を用いた手袋などは十分に洗ったり干すときは気をつけたい。
    ファーなども十分に気をつけたいところ。
    ひとまず天然の素材の繊維で動物の繊維を使っているものは、干た後のメンテナンスも必要になるので仕舞うまで徹底した管理が必要だ。

    育乳ブラやナイトブラならブラデリスニューヨークがお薦め[下着][通販][育乳][バストアップ]

    関連本の通販


    I/511z8iSOlaL._SL500_.jpg” alt=”こんな方法があったのか! 「汚れを落とす!」ワザあり事典 住居、衣類から車、パソコンまで (PHP文庫)” align=”right” border=”0″ />

    こんな方法があったのか! 「汚れを落とす!」ワザあり事典 住居、衣類から車、パソコンまで (PHP文庫)

    スーパーやドラッグストアの棚に、洗剤や掃除用品が所狭しと並んでいるように、「身のまわりをキレイにしたい!」という人は多いはず。
    本書は、住まいから衣類、AV機器まで、気になる汚れの対処法を集めました。洗剤類やアルミはく、塩、果物の汁や皮、歯ブラシ、練り歯磨きなど、家庭にあるアイテムをフル活用した「適“剤”適所」の知恵を紹介します。

    ガス台はビールを染み込ませたさらしの布巾でピカピカ/服についたファンデーションは化粧水で落ちる/洗濯槽のカビと汚れは酢水でイチコロ/車のホイールはスチールウールで新品同様に/湯アカ落としはアルミはくでゴシゴシ/フローリングの床が牛乳でツヤツヤ/10円玉で靴の脱臭/バーベキューの金網の焦げつきは“ホイル焼き”でとれる/消しゴムで落ちるパソコンの手あか……など、すぐに試せる手軽で簡単なとっておき情報を満載!

    ベテラン主婦はもちろん、一人暮らしの人にも役立つ「使える」一冊!

  • 著者: 快適生活研究会
  • 出版社: PHP研究所
  • 発行日:2002-06-30
  • こんな方法があったのか! 「汚れを落とす!」ワザあり事典 住居、衣類から車、パソコンまで (PHP文庫)