ホームレスは見かけないけど貧困する人が増えている日本の実態。
見えなければ無いものにされる日本は少しも困窮者が救われることのない状態はさらに悪化の一途に思えてならない。

自分さえ良ければいい日本人。

電子タバコの写真
例えば先日の肺がん患者が国会でやじられた問題
これも当事者が国会で声を出さなければ問題にすらならない出来事だ。
個人の視点でしか視野が無いのは理解する。
ただし自分の問題でも全力で取り掛からない姿勢が染みついていることが最大の風土的な問題点に感じる。
過去にも似たような問題は多数あり
過労自殺なども2000年以前からずっとある出来事だが、だれも本気で問題に取り組まなかったが故の現状なのだろう。※それ以前の時代は『24時間戦えますか』のCMにみられるように働いたら働いた分だけ報酬が右肩上がりになるような時代があったので価値観が異なり過ぎている。

ホームレス問題も同様だ。
迫害されることに慣れ過ぎている。
個で我慢すればいいという自己犠牲精神なのか?
他人のことは知らんと言う無責任主義なのか?
国会前の原発反対などの特定の問題に対する声を上げる運動は度々見受けられても
暴動のような攻撃的な運動は少ないのが日本の特徴にも思えてならない。※沖縄の基地反対派の逮捕なども
何れかはは不明ですが、あまり問題に対して本気で取り組まない精神が染みついているのが日本人の悪い癖だ。
大学教授「残業100時間で過労死は情けない」⇒大学が処分検討
サービス残業や過労が当たり前の日本社会は狂っているとしか思えない。

改善されない日本社会

2008年だか2009年の 派遣村、
その後のリーマンショックや東日本大震災でも散々路頭に迷う人はでたのにも関わらず
政治はオリンピックありき。
※この間に、竹島問題・尖閣諸島問題、北朝鮮のミサイル激化と外交が過熱したこともネックな材料には存在する。
煽るのだけは大好きな韓国が今度はデザートに竹島

非正規雇用

非正規雇用は貧乏になる仕組み
非正規労働者は2000万人
そのうち年収200万円代が7割
非正規雇用比率に見る正社員と非正規雇用(派遣・アルバイト・パート)の実態
正規雇用と違いボーナスも無い。
昇給の可能性もゼロに近い。何年間働いても同じ時給のまま。
正社員よりも不利であることは明らかであり改善されることはない。
高い賃金を求めるなら転職しかないが非正規雇用ばかりの経歴で一定の年齢になると正社員としてやとってくれるところは極端に減る。

貧困世帯

日本の3割は貧困世帯と言われている。
日本の世帯平均年収は480万円代程度。
今後食うことに困る層が発生が危惧されている。
氷河期世代生活保護に没落すると30兆円増加

文字『貧困者は増えている現実』