『時給1500円は、高いのか? 』ということについて
たまに時給1500円に上げろといった話題が出ることがある。
反対意見が多々でることもある話題ですが、
本当に時給1500円は高いのか疑問視しないのは無知だ。
時給1500円が高いという意見で働く人はそういう仕事についてみろと思う。

スポンサード リンク

月給の魔力

大卒で大手企業に就任した人の1年目の月給は平均25万円程度だという
数字は、額面の賃金だろう
では時給1500円は月給ではいくらなのか?

時給1500円×8時間
12000円×22日
26万4千円
という金額になる。
ただし、この額には月に22日間働けた場合であり月収のように固定の賃金ではない事が味噌だ。
年末年始など超休暇の可能性がある場合もあるため職種によって変動する可能性は高い。

月給の正規雇用と
時給の非正規雇用では
福祉の待遇などで
厚生年金や社会保険の加入の差や会社からの手当てなどでも見えにくい報酬の差がでることも多い。
長年働いたとしても非正規雇用の方が年収は据え置きの水準であることが殆どだ。
大体年収で計算すると非正規雇用の世帯が年収が低い層に多いのはこの辺りに原因がある。

時給の価値

時給1500円は本当に高いのか?
時間給で計算するというのは残業手当や
休出などの割合を計算するために用いられるため月給の場合でも時給換算で用いられることもありますが
基本的には短期雇用の賃金形態で用いることが一般的です。
短期雇用の時給が昇給する可能性はほとんど低い。

非正規雇用

今後も非正規雇用は増えていくと想像される
反対に少子高齢化で労働人口は縮小し、労働人口そのものも高齢化すると予想される。
もしも非正規雇用という仕組みをそのまま続けるのであれば時給1500円などといわずに報酬が高い仕事が増えないと無理だろう
反対にファーストフード店のようなどうあがいても価格が高くできる見込みがない産業は、人そのものを削減しつつ給与は今の価格から極端に上がることは期待する方がどだい無理な話だろう。

賃上げ

時給の仕事で、時給そのものが上がる可能性は殆ど無い。
その仕事に対して幾らという時給が設定されている為、これを上げることが根本的に不可能なのだ。
もし現在時給1500円の仕事があるとしたら、それは時給1500円の仕事というだけでどんなに頑張ったところでよほど優れていた結果が出せたりしない限りは、上がることは無いだろう。
もしも時給を上げたいと考えるのであればもっと時給が高い仕事に転職するほかないのが現実だ。

パソコンを見て怒っている男性

ファーストフード店の時給1500円にしたら滅ぶ。|仕事
文字『時給1500円は高いのか?』