ミレニアル(millennial)世代とは?
アメリカで2000年代に成人又は、社会人になった世代のことを指す。(シンクタンクのPew Research Centerによる定義では1981年から1996年とも。)
インターネットに最初に親しんだ世代。

    類似の言葉

  • 新世紀世代とも使われる
  • ミレニアルズ(Millennials)
    近い言葉では

  • Y世代
  • デジタルネイティブ
  • が該当する世代

スポンサード リンク

新世紀世代

新世紀世代ともいわれる理由として
1980年以降に生まれた人たちが21世紀に入って社会人となることで新世紀の中核をなすこととなることからそう呼ばれる。
デジタルネイティブ世代とはデジタル機器が生まれ時から身近にあった世代
・デジタル機器:ゲーム機・パソコン・携帯電話・スマートフォン
特徴としてパソコンの普及とインターネットが当たり前に使われる世の中になったことで
インターネットリテラシーが当たり前に身に着けることとなり
様々な価値観と趣味の多様性が広がった世代と言える。

経済環境

パソコンのキーボード入力をする手
ミレニアル世代が受けた背景

  • 2000年代初めのITバブル
  • 2008年からのサブプライム問題からリーマンショック

このの経済的な大きな動きがあったことと
インターネットサービスのSNS(Facebook・Twitter他各種)が普及したことで知人や友人とのコミュニケーションが当たり前になる。
オンラインショッピングも当たり前に使えるようになり消費の変化。
スタイルがそれまでの世代と大きく異なるようになった。
気にしなくていい人間関係

日本における例

日本では固有の特徴も存在している。

  • 非正規雇用の拡大。
  • 大学までの進学率の増加
  • 実家暮らしの若者が増加
  • 様々な面で上の世帯と異なることが多く従来の当たり前が良くも悪くも通じなくなってきている。

2000年に大学卒業・社会人になった世代は就職氷河期でもっとも悪い就職率の世代であり、
非正規雇用も増え続けた世代で2017年時点の30代は非正規雇用の比率が増え始めたとも言える。
車離れ・バイク離れも顕著になり、消費も以前の世代とは大きく変化している。
雇用や収入でも前後の世代と比較してももっとも不遇な人たちである。
炎上する世代の代償とインターネットで相乗効果。


アメリカを変えたM世代――SNS・YouTube・政治再編
アメリカでは、世代を軸に政治・社会的な再編が約40年ごとに起こってきた。いまSNSやYouTubeなどのコミュニケーション技術を自在に活用するM世代(1982年から2003年に生まれた世代)が台頭し、既存の枠組みを超えて統合させる新しいスタイルの政治再編の原動力となっている。アメリカ政治の現在を徹底的に分析する。


ミレニアル起業家の 新モノづくり論 (光文社新書)

文字『ミレニアル世代とは』