病院の中で数ある職業の中でも『看護師』は面接に関して事務職や営業と比較すると、採用率は跳ねあがって高い職種です。
kusuri
当然ですがミスマッチやあなたの能力を最大限に伝えることが肝心な要素になります。

スポンサード リンク

服装や身だしなみ

看護師の普段の格好も身だしなみの基準として必要なポイントです。
イメージを決めるものが服装ですのでこれまでのキャリアが経験豊富であっても疲れた表情の状態で面接に来られては不採用になるかもしれません。

ナースではたらこ
パート勤務等の場合でも私服で面接に向かうのはNG行為です。
面接は採用試験ですので、TPOはわきまえて挑むべきです。
服装は、ナチュラルメイクで清潔感の出ている格好でフォーマルな服装で臨むべきです。

面接

面接が終わっても現地の施設を離れるまでは気を抜けない場所です。
施設内の喫煙所で喫煙したり、病院の近くで喫煙は避けるべきでしょう。
携帯電話の利用に関しても避けるべきです。
面接を受けに来ているのだからと油断は大敵です。
個人で面接受ける場合は十分に気を緩めないようにすることを心掛けてください。

質問への回答は事前に用意する

どんな仕事でも共通することですが、
事前に面接対策として質問を想定して考えておくことが重要です。

    『自分の意志でハッキリと伝えること』も重要です

  • 応募理由について
  • 自身の看護に対する価値観について
  • 経験とスキルについて
  • 前勤務先の退職について
  • 入職日について
  • 面接官への質問について