文字「ワンオペとは|単語」
ワンオペとという単語について

スポンサード リンク

ワンオペとは

ワンオペは、ワン(ONE)+オペレーションの掛け合わせた言葉です。

本来は二人以上で就労することが定まっているのに人手が完全に足りていない状態です。
この状態になると完全に業務が従来通りに行えないことが多くなります。

ワンオペで回せる仕事と客数、業態、店舗などは元々そういう作りでなければ成り立たない。

ワンオペが起きる仕事

ワンオペは職場で起きる
ワンオペが起きる仕事は人手不足の職場だ。

  • コンビニエンスストアの深夜勤務にレジも品出しも1人しかいない勤務形態
  • 牛丼チェーン店で深夜に一人勤務で厨房も片付けも清算もおこなっていたすき家の人手不足問題は話題になったことで記憶に残っている人も多い筈だ。
  • ワンオペ解消策

  • 人手をふんだんに用意すること
    シフトを組んでも欠勤などが出る可能性は多い。季節や天候、インフルエンザの流行など
  • 機械化
    コンビニなどでは清算するのも無人ででも運営できるような仕組みが模索されている。
  • 少子高齢化もあり現在の日本では様々な仕事で人手不足が問題に上がっている。
    抜本的な解決策は移民を行うくらいしかないため、良い策は他にないと言われている。
    今後も機械導入などは盛んに行われていくでしょうけども飲食店やコンビニの時給が高くなることは期待できないため働き続けてもメリットは無いと考えるべきだろう。