バカ教員『給食の「ひつまぶし」投稿で
個人情報が流出 東京都港区の教師』とかアホすぎる。

給食の「ひつまぶし」投稿で個人情報が流出 東京・港区の教師


TOKYO MX

 東京・港区の小学校の男性教諭がSNSのインスタグラムに投稿した給食の写真に、登下校誘導員の名簿が写り込み、氏名や電話番号が読み取れる状態だったことが分かり、学校の校長が誘導員に謝罪していたことが明らかになりました。

東京都の教師でこの程度のITリテラシーというのが悲しい水準。

『申し訳ありませんでした』と泣きながら『今回の事態は自分の責任です』と話していた」と説明しました。

泣きながら」とか稚拙な対応に思える。
これで50代というのはちょっとオカシイ。

10年以上前からパソコンとデジカメとかでアップロードしていた人なら画像に撮影データが記録されていたり映り込みなど色々と危険回避の知識で気を付ける要素はあったのですが
近年スマートフォンで撮影からアップロードを完結する人に多い現象だ。
年齢が、年配・高齢になるほど写真に移っているデータに配慮しないでアップロードする人が多い危険性。
転載されたりすることで一生WEB上に残るかもしれないことに気がまわらないリスクが存在している。
最悪個人特定などにも複数の材料で繋がったりして面倒なことになる事例は多い。

このことは少し前の飲食店のバカッター騒動とやっていることに差が無い。
勤務時間中にスマホで撮影しているという行動が同じなのだ。
やったことがストレートに「バカな行動」でなくとも結果的に問題がある行為だったということで同等の結果となる。
スマートフォンの使い道だとか危険性を教員が指導する資格がないのではと言いたくなる。

状況

問題の画像が投稿されたのはインスタグラム
区立小学校

問題点

写真には登下校を誘導するボランティアの名簿の一部が写り込み、1人の氏名や電話番号・住所の一部のほか、もう1人の氏名も読み取れるようになっていました。

教師がインスタにアップロードする動機がそもそも謎。
学生じゃないんだし身元特定されるようなことを進んで行っていたというのは過去にも似たようなことやらかしているのではと危惧する。
アップロード日が7月で報道が12月という開きもどうかと思う。
報道・公開の遅れの差が気になる。

学校が特定されるリスクを認識していなかったのだろうか?
店舗などでも採算 炎上のリスク事案があるのにも関わらず、
公立の学校教員がこの程度だからバカな学生は後を絶たないのだろうか。
コンビニでドリンク即飲み動画投稿の高校生、事の重大さ気づいた時には沢山の転載アップロード
なんというか珍しい給食だから撮影してWEBにアップロードするとか、仮に生徒全員が同じ行動したらこの教員はどう思うのだろうか?

想像力の欠如として実に痛々しいし、節度がなさすぎな感じはする。

学校の公式HPにアップロードする素材撮影とかならまだしも。
やってることが小学生レベルなんだよな。
社会人としては乖離が酷過ぎる。

公立の小学校なら教員は公務員のはずだが、勤務時間中に携帯で給食撮影するという行為が疑問だらけだ。
これが帰宅して食べた物とかだったら問題は何もないのですけど。

港区の給食クオリティー

ひつまぶしが給食で食べれる小学校もどうなのかという点。
港区は給食だって良いもの食べてるという自慢したかったのかなこの教員は。
※給食ひつまぶしでGoogle検索すると意外とヒットした。
鳥取県では、中学校の給食でカニを食べるらしい。
給食で蟹食う地域もあるようですけど。。。
うなぎ(鰻)の栄養成分とカロリー・糖質・旬など|魚介類

過去にも教師の個人情報漏洩に近い問題とか、写真の問題投稿というのはあったが教師もインターネットに投稿することの意味をキチンと理解できていないバカが居るのかと言う感じ。
こういう教員に教えられていたらそりゃぁバカッターが無くならないのは必然に思う。

この学校が明日から、この教師に向かって「ひつまぶし」と呼んだり、学級崩壊が起きないかのほうが心配な気がする。