月末の金曜日に早めの退社を促すことで消費拡大を狙った
プレミアムフライデーというものが2017年2月24日から始まる。(ちなみに2017年の2月最終日28日は火曜日になる)
午後3時退社運動という名目らしいのですがどうなることやらだ。

スポンサード リンク

ニュース記事

いよいよ…プレミアムフライデー今週から
月末の金曜日に早めの退社で消費を促すプレミアムフライデーが24日に始まるのを前に、企業が週末の過ごし方を提案するイベントが開かれた。鉄道会社は電車で行く少しぜいたくな国内旅行を紹介、化粧品会社は週末におしゃれを楽しむメークなどを提案。

2017年2月21日 13:15 http://www.news24.jp/articles/2017/02/21/06354700.html
 経団連副会長「少しでも日本経済が活気を取り戻すことができればいいかなと」とコメントしているようですが、正直これはちょっと強いインパクトには繋がらないと思う。
時間にゆとりができても、これ導入できる業種も限られるだろうし、取り組んだからと言って給与が増えるどころか労働時間は減ることから考えても売り上げ減少したら痛いだけだろうに。

動向

JTBではツアー代金や宿泊料を割引するクーポンを提供しているらしい。
サントリー系の飲食店では15時~18時にザ・プレミアム・モルツ半額で提供など。
金沢カレーチェーン「ゴーゴーカレー」などが1550円(税込み)で食べ放題を企画しているらしい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000046-mai-soci

どちらにしても大手企業ありきな企画だよなと思えてしまう。

ロゴマーク申請企業・団体一覧 | プレミアムフライデー

プレミアムフライデーの取り組みに賛同された企業・団体を紹介します。
https://premium-friday.go.jp/partner/

なんだろうか空いた時間があっても旅行がしたいとか消費に回すというよりも
休暇にしかならないのでは?と思えてしまうのですが、大丈夫なのかこの国と思ってしまう。
ただでさえ低賃金+非正規雇用が拡大している世の中なので、空いた時間が出来ても副業とかに回されそうなので消費は伸びないと思うぞ。

10年後から20年後には、日本の労働人口の49%、人工知能・ロボットで代替可能|仕事

プレミアムフライデーのその後

世間で聞く話でもプレミアムフライデーを導入しているという会社の方が少ないイメージしかない。
大手の会社ならまだしも中小企業が多い日本ではほとんど影響がない政策にしか実感として受け取れない。
日本で最も多い産業はサービス業だと考えられるが、万一金曜日にスーパーとかコンビニが午前で終了したりしたら困る人が大多数だろう。
医療や、飲食店でも同様だ。
反対に金曜日こそ飲食店は書き入れ時であり、金曜日に休むことの方が致命的になる。
結局プレミアムフライデーというものはホワイトカラーの仕事につくひとでないと取り入れることは殆ど不可能だろう。
ブルーカラーといわれる産業でも計画は毎月毎日単位で決められているだろうしシフト体系でフルに回っている人たちには一切関係が無い話題に思う。