民間給与は年間平均415万円ということらしいのだが、
どういう基準なのか?

スポンサード リンク

民間給与、2年連続増加=14年分、平均415万円―国税庁

民間企業に勤める人が2014年の1年間に受け取った給与の平均は415万円で、2年続けて増加したことが30日、国税庁の民間給与実態統計調査で分かった。
 前年に比べ1万4000円増えたが、ピーク時の1997年より52万3000円少なくなった。


1年間はたらいていた、給与所得者数は4756万いるとのこと。日本人の約半分近くは給与所得で生活していることがわかる。
NHK職員は30歳前後ディレクターで年収850万円
【仕事・】ユニクロの給与の実態。(年収)

『景気が良くなったと感じている人は2割』その内訳とは。