桜田前五輪相「子どもを最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」と発言したというニュース。

「子ども最低3人産んで」桜田前五輪相、パーティーで発言

自民党の桜田義孝前五輪担当相は29日、千葉市で開かれた会合で「結婚しなくていいという女の人が増えている」と少子化問題に言及し「お子さん、お孫さんには子どもを最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」と来場者に呼び掛けた。
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190529/k00/00m/010/222000c

首相官邸『子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう』|自民党政権

男尊女卑か?

自民党といえば子供を産む機械発言だとか
過去にも様々な子供と女性に対してオカシナ発言する人物が少なくない政党だ。
少子化担当相のパーティーでこのような発言する安直さも実に不気味である。
今の30代~40代がどうして結婚が減って子供を産み育てることが出来ないのか現実を直視していないだろうとしか思えない。
「結婚する・しない」という事と
「子どもを産みたい」という発想もそもそも問題点が異なる事にも気づいていないのだろう

「LGBTに生産性が無い」支援は必要ないといいきった自民党「杉田 水脈」

変化

  1. 女性の高学歴化+社会進出の多さ
  2. 共働き世帯の増加
  3. 終身雇用の終わり⇒非正規雇用増加

女性は社会に沢山でてくる反面、非正規雇用も増加し男性でも低賃金だったり非正規雇用で不安定な収入の人は少なくないことから、安定した生活はもとより貯金などする余裕もない人は増えている。

非現実的

そもそも子供つくる人数に関してまで政治家に何人産めとか支持されることがキモチワルイ。
ただでさえ晩婚化が増え、高齢出産する女性が増えてきているのが現実。
1世帯あたりで子供を産み育てれる数も必然と減ってきている。

子供産んで育てて大学まで出すのに子供3人もいたらどんだけの収入が必要なのか皮算用もできていないのではと思う。
今の20代30代にこれが現実的に容易にできると自民党の政治家は、考えているのだろうか?
女性にも働かせようとして、
最低賃金1000円は無理とか抜かす経団連
正直無理なことを推奨する政治家は必要ないと思うのですよ。
オリンピックとかやってるばあいじゃないだろう。

国として少子化の問題に対して子供の数が増えて欲しいことは分かるが、たんに高齢者が今後厳しくなるから若い人に子供もっとつくれと言っているだけにしか思えない。

少子化対策

近所のおじいさんが「少子化対策解決するなら、子供3人産めば解決するぞ」とかいっているならまだしも
政治家が発言することじゃねえよなと思う。
お前らの仕事は、そういう事お願いするのではなくて、根本的なところの整備しろよと思う。
役に立たない政治家がオリンピック仕切っていたりと、本当オワコンな日本政府だろうよ。

桜田前五輪相「子ども最低3人産んで」
桜田前五輪相「子ども最低3人産んで」