日本の1人あたりの生産性は韓国に抜かれた?
日本の生産性は非常に悪いらしい。

既に1任たりの生産性では韓国に抜かれたとのこと。
ただし韓国と比較して何が言いたいの?と思ってしまう。

スポンサード リンク

該当の記事

  • 日本は、ついに「1人あたり」で韓国に抜かれる
    http://toyokeizai.net/articles/-/149624
  • 思うに、理由としては高齢化
    人口比が日本は韓国の二倍であることから
    そもそも韓国よりも高齢化の負担がでかい。
    少子化のダブルパンチで若年層の負担が大きいのが日本であるということ。

      生産性があっても不幸そうにしか見えない韓国

    • 韓国は財閥企業有きの構造
      中小企業などは簡単に飛ぶ
      日本では中小企業の数の方が多く大企業の雇用は1部に過ぎない
    • 韓国の自殺率だとか考えると
      生産性が高かろうと暮らしやすい社会だとは思えないのですけどね。
      あとブラック労働で働く事例は日本の比でない事は報道で分かっている印象が大きい。
    • 傍から見て韓国で働いても幸せそうな印象は全く受けないんだが。

    本当は怖ろしい韓国の歴史

    致命的な違い

    韓国との致命的な違いがあるとしたら
    日本ではいまだに40代後半もとい50代以上の年功序列賃金システムの恩恵をうけている世代が未だ居ることだろう。
    効率的な生産性で働かないのに旧態全とした給与システムを享受している世代までもが若年層に負担を強いている。

    高齢者世帯

    結局は老人が増えるから、どうにかしないといけないという問題。
    労働人口が少なるのであれば、生産性をあげなくてはいけないとなっているが
    社会保障のためにそれをするというのは老人のために若い世代がもっと働けに聞こえる。
    これだと頑張りたくは無いですよね。
    老人がいるから介護事業とかがなりたっているし
    そのあたり旨く産業として活用すればいいのにと思えたりもする。
    なんだろうか金がある高齢者から如何にビジネスをまともな方向性で行うにはという風には考えないのねという印象。

    ブラック経営でやり過ごす会社

    今の時代は
    人件費削減のために残業割増賃金は払わない。
    サービス残業させまくる。
    有給は消化させない
    他様々なブラック経営手法(違法)で会社回している経営者がごろごろいるのだから、なんともやるせない感じ。
    まともに、計ったらもっと劣悪な統計になるんだろうなという気がする。
    コンビニエンスストアの賃金は最低賃金プラス数円の仕事募集しかないのに働いてもブラック店長だったりしたら生産性があがる筈もないですよね。

    人口増のメリット

    人口が増えると
    良くない物でも売れる
    消費が拡大する。
    経営センスがなくても回る

    人口減の現象

    労働人口が減る
    消費が減る
    社会保障が削られ、税の負担が増える

    日本の国民1人当たりGDPは、1990年代初めにOECD加盟国中第6位まで上昇し、主要先進
    7カ国1
    でも米国に次ぐ水準となったが、1990年代からの経済的停滞の中で徐々に他国の後塵
    を拝するようになり、2000年以降は17~20位程度で推移している。ただ、順位でみると、ド
    イツを除く欧州諸国との差は、2000年代後半から若干縮小している。
    労働生産性の国際比較 http://www.jpc-net.jp/annual_trend/annual_trend2015_3.pdf

    ※U購買力平価(PPP)について
    等にも記載されている。

    高齢化が進んで労働人口が減った場合でも、労働生産性が上がれば国民1人当たりGDPは上昇する。と記載されている。