日本企業は遠からず地獄を見るという話題の紹介です。
2014年4月に消費税が8%になったことで消費が減ったことが
日本の大手企業にダメージがあるらしい。

スポンサード リンク

トヨタ4年ぶり首位陥落…鮮明になった消費増税の重いツケ

日刊ゲンダイ / 2015年7月30日 9時26分
 

28日、トヨタ自動車が上半期の世界販売台数を発表したが、4年ぶりに首位から陥落。独フォルクスワーゲンにトップの座を譲り渡した。理由はハッキリしている。昨年4月の消費増税だ。米国や中国、インドなど海外販売は順調なのに、国内が前年同期比9.7%も減らし、足を引っ張った。

これが消費税が10パーセントに跳ね上がると
車離れしている昨今の若者はさらに車を欲しいと考える事は減るだろう。
東芝やシャープのように株価が下落することが大手企業でも相次いで起きている。
円安になって輸出入の大手企業は順調かというとそういうものでもないらしい。
セブンイレブンが新宅配サービスは電気自動車?

自動車で軽油とガソリンを間違えると、どうなるのか?

消費税10%に増税の時期が2017年4月に決定!

2017年には消費税10パーセントにあげることを安倍政権は確定している。
安倍政権が1年後消費税10パーセントにすることで失業者が増えることが危惧されている。
もしも仕事や収入に不安がある人は今こそ何かしらの対策を死ぬ気で考えないと2016年には貴方の冬は財布が苦境に立たされている可能性が大きい。

食品と混入と安全性について考え見たが絶望的に感じる。

日本企業関連の通販本


I/513cAUS4g0L._SL500_.jpg” alt=”英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)” align=”right” border=”0″ />

英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)

英語化を進めた大学に巨額の補助金を与えるスーパーグローバル大学創成支援から、果ては英語公用語特区の提案まで。日本社会を英語化する政策の暴走が始まった。

英語化推進派のお題目は国際競争力の向上。しかし、英語化を推進すれば、日本経済は急速に力をなくすだろう。多数の国民が母国語で活躍してこそ国家と経済が発展していくという現代政治学最前線の分析から逆行することになるからだ。

  • メーカー: 施 光恒
  • 出版社: 集英社
  • 発行日:2015-07-17
  • 英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)