大相撲の女人禁制を海外メディアはどう報じたか

「日本は世界の基準を満たそうとしているが、同時に伝統や性差が表れる領域もある。女性たちにとって変化は起きているが、一進一退だと感じる」

また、皇位継承や寿司作りを例に、「女性が入られる世界は決められている」とし、「伝統は人によって作られるもので、人に奉仕しなければいけない」と専門家は話す。ここに引用文が入ります。

そういえば日本って職人と呼ばれる仕事は多いけどそこに女性の活躍の場は殆どない気がする。
下町の食堂とかでも配膳とかは女性がやっていても厨房はオッサンであることが殆どだ。
寿司の板前だって大抵男性だ。
料理に関しては欧米でも男性の調理師が多い事はあるが洋食だと女性の調理人がいることは珍しくは無い。
和食は圧倒的に男性社会だろう。

基本的な日本の社会背景

女性の社会進出の比率は会社組織の面で圧倒的に遅れている。
寿退社や子育てで
経歴が途切れ30代40代でパート勤めする女性は多い。
専業主婦などという仕事は稀有だ。
仮に女性が職人になろうとしても従来の歴史的な背景が強い事や文化的にも政治ですら男性社会なのであまり積極的に考えている人の方が少ないと思う。
これは男性だけでなく当の女性たちもそうだろう。
魚を下ろしたり金属加工したりといった職人技術を身に着けて仕事にしたいと考える人が少ないことも背景にあると思う。
仮に一部の稀有な人たちが挑戦したとしてもほんの一部にすぎないのだから目立つことはないし注目もされないのだろう。社会も多分望んではいないと思えてしまう。

女性の相撲という文化も一部であるようだが女子プロレスみたいなものでどうしても国技というレベルの様式ではない事がある。

男女差と仕事

トイレ掃除で男性スタッフが女性トイレの掃除をしている光景を最近では見かけますが、これが昭和とかだと到底考えられなかったのではとすら思えてしまう。
相撲は根本的に男性だけが運用しているスポーツなので、そもそも女性が観客以外でいることを想定していないため中々女性が土俵にあがることを改革する必要性が無かったのかもしれない。
普通に考えてみろ。
寿司職人になりたいという女性はいるかもしれないが、土俵にあがりたいという女性はいないだろう?
ニーズが無いことをいちいち変革させる必然性が無いのだ。
仮に女性が上がる事が可能になったとしても緊急時の相撲取りなどの命の危険性のリスクが減る可能性があるだけなので相撲取りたちが望んでいないのであれば一生男性医師などしか上げられない場にしておけば良いのだ。
それで女性医師しかいなく死んで本望と言うのだったらしかたないだろうに。


〔予約〕めざせ年収1億! 動画配信で稼ぐ方法 /井川拓哉【1000円以上送料無料】

文字「相撲の女人禁制と職人」