派遣社員の職種による賃金差と格差

スポンサード リンク

派遣社員の職種による賃金差
派遣社員はアメリカでは
かなり特定の職種に制限されている。
日本は酷いほど様々な職業で乱用しているといっていい。

スポンサード リンク

派遣の働き方

派遣という働き方が拡大されてしまったために、
人を直接雇用するのではなく、派遣で済ませる経営者も増えている。
採用にかかるコストや手間を考えても
少し高い出費の人件費をかけても構わないと考える会社が多いのも問題点だろう。

店舗スタッフ

コンビニ従業員ですら派遣が有る。
各種コンビニの人で不足に対して派遣会社が派遣するタイプ
店舗のスタッフに関しては人材が集まりにくいことなどからワンオペが度々問題になるがそれでもコンビニエンスストアなどは深夜でも一人体制で運営されているような店舗が当たり前に有る。

コールセンター

    電話を担当する仕事は

  1. 事務系の電話担当
  2. 駐車場などの問い合わせセンター
  3. 賃貸マンションなどの問い合わせ管理
  4. 保険などの電話担当(営業・サービス案内手続き 他)
  5. ヘルプセンター(技術職・専門の分野等)
  6. 各種突発的なイベントや行事の問い合わせ担当窓口
  7. 様々な職種があるが
    短期で急に人手が欲しいときは募集時給も高めになる。

電話は有る程度のビジネスマナーとトーク力が必要だ。
単純に日本語が話せるだけでなく、聞き取る能力と伝える能力も必要になる。
電話をかけてくる相手が高齢者だったり外国人だったりすることも考えられる。
地域固有の訛りが強い為に聞き取りにくいことも考えられる。

しかし反面、
トークフローだけで対応できるような仕事は、海外にどんどん流れて行っている。
大規模コールセンターなども香港や東南アジアの物価化が安いところに流れていっている。

女性のための派遣ワークならマックスキャリア

大手・優良企業のお仕事はこちら【リクルートスタッフィング】

はたらこねっと

スポンサード リンク

生活
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com
タイトルとURLをコピーしました