「軽減税率では6000億円足りない。」
ただし「高齢者には3600億円支払う。」
明らかにオカシイですよね?

スポンサード リンク

「低所得高齢者3万円」を了承、小泉進次郎議員らの反対も・・・

2015年12月17日11:09

所得の低い高齢者などに1人3万円を配る政府案について、自民党の合同会議では17日も小泉進次郎議員らから批判が相次ぎましたが、最終的に了承されました。

 政府は今年度補正予算案に、所得の低い高齢者などに1人3万円を支給する臨時給付金およそ3600億円を計上しています。自民党の会議では16日、「有権者にバラマキと思われる」などの批判が続出、いったん了承を見送りました。

3600億円とか。。。。

軽減税率では6000億円足りない。
ただし高齢者には3600億円支払う。
明らかにオカシイですよね?

高齢者優遇の謎

投票率が高い世代は労働世代よりも圧倒的に高齢者だ。
今高齢者の低所得者層に現金配る自民党の策は明らかに票目的にしか思えない。
普通に考えると労働者世代や、子育てしている世帯に対しての策を講じるならまだしも、高齢者に現金配って何が良くなるのか頭を使ってほしいものだ。

「子育て給付金」が廃止へ 年寄りには3万円バラまく自民党政権

軽減税率導入で「子育て給付金」が廃止へ 年寄りには3万円バラまくのに「ふざけてるとしか思えない」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1949977
子育てよりも高齢者の票が欲しいのでしょうか。
これが現在の日本の政権が行おうとしている事です。


I/512bTGcOOIL._SL500_.jpg” alt=”男はお金が9割” align=”right” border=”0″ />

男はお金が9割

お金がある男は、トラブルを乗り越える力がある。困っている人を助ける「余裕」がある。「余裕」が、男の器を大きくし、「魅力的な男」をつくる。

  • 著者: 里中 李生
  • 出版社: 総合法令出版
  • 発行日:2014-01-22
  • 男はお金が9割


    I/41OfPhVnZoL._SL300_.jpg” alt=”知らないと損をする 国からもらえるお金の本 (角川SSC新書)” align=”right” border=”0″ />

    知らないと損をする 国からもらえるお金の本 (角川SSC新書)

    日本には、届け出だけで数千円~100万円以上を受け取れる制度がたくさんあります。教育費、住居費から、医療、失業、出産、介護まで、人生の節目や困ったときには必ず給付金・助成金があるといっていいほど。しかし広報不足でよく知られていないのも事実。この本では、おもな国の制度を網羅し、金額、支給要件、届け出先を見やすく紹介します。さらに市区町村が独自に制度を設けていて、その土地に住んでいないともらえないお金も掲載。「隣の市の方が得!」ということもよくあるのでぜひチェックを。消費税増税、負担増に対応する“一家に一冊”の常識本。

  • 著者: 井戸 美枝
  • 出版社: KADOKAWA/角川マガジンズ
  • 発行日:2014-01-10
  • 知らないと損をする 国からもらえるお金の本 (角川SSC新書)