東京都が私立高校の無償化実施を予定しているとのこと。
ただし年収の項目が気になる要素だ。

小池都知事 年収760万円未満で私立高校実質無償化へ | NHKニュース

東京都の小池知事は私立高校に通う家庭の経済的な負担を軽減しようと、年収が760万円未満の世帯を対象に、授業料の補助を拡充し、実質無償化とする方針を決めました。

高校の授業料は、
公立高校ですでに無償化されている

大阪

大阪府だとすでに無償化が始まっている(年収590万円以下の世帯)
大阪府/平成28年度以降に入学する皆さんへの授業料支援制度について

大阪府では、大阪の子どもたちが、中学校卒業時の進路選択段階で、国公立高校と同様に、私立の高校や高等専修学校についても、自らの希望や能力に応じて自由に学校選択ができる機会を保障するため、国の高等学校等就学支援金(以下「就学支援金」)と併せて、私立高等学校等授業料支援補助金(以下「授業料支援補助金」)を交付することにより、私立高校等の授業料が無償となるよう支援しています。
http://www.pref.osaka.lg.jp/shigaku/shigakumushouka/shigakumusyouka_28.html

ちなみに他の都道府県だと各地域で異なる

年収の差。

大阪府では590万円以上の世帯では一部補助だったりする。
高校生の子供がいる状況でも補助の内容は異なる模様。
この年収による高校の授業料補助自体が少し問題がありそうな気がしてならない。
一層無償かするなら一律の方が良いのではと思えてしまう。
東京都内だと家賃がそもそも大阪とは異なる。
同一の年収で無償化すると、それ以上の年収世帯へのダメージは大きい。
せめて年収1000万円以下が無償化なら理解するが、東京の指針はキツイと考えられる。