難民申請中のベトナム人が化粧品の窃盗団 という事件

  • 留学ビザで入国
  • 難民申請中
  • だったのに窃盗団しているとかいう謎行為は日本人の発想から上行き過ぎている。

何のために難民申請していたのかも不明だが、ちょっとふざけている事件に思えてならない。

スポンサード リンク

留学ビザで入国、難民申請中のベトナム人が化粧品の窃盗団 

 県警によると、3人はいずれも平成27年に留学ビザで入国し、現在は難民申請中。付近のドラッグストアなどで同様の被害が相次いでおり、県警は同容疑者のグループが窃盗を繰り返していた疑いがあるとみて調べている。

難民申請多いと聞くが、たいてい認めていないことが日本ってよくバッシングの対象になるようですが
犯罪行為を行う事例がでてくると一層厳しくするだけに思う。
現に逮捕者の事例も、即刑務所にぶち込みにくいくらい刑務所などの機構が圧迫されている背景も見逃せないと思う。

外国人犯罪

外国人による犯罪は猛威になることが多い。
日本人では考えないような行動を平気で行うのが海外ではわりとあるため対応が出来ない事例がある
万引きでの大量窃盗などもよく言われる事例だろうか。
ましてや日本で窃盗団というのはあまり耳にしない話であり、集団的な盗難は外国籍の人たちによる犯行が過半数に考えられる。
日本で外国人の移民が増えた結果が悲惨な町

文字「難民申請中のベトナム人が化粧品の窃盗団という事件」

難民申請

普通海外にきている状態で犯罪行為を行うという発想が日本人には出来る度胸も無いだろう?
今回の事件のベトナム人は難民申請中だったという状況からも日本をバカにしているとしか考えられない大胆さだとしか言えない。
完全に舐められている発想だろう。
こういった外国人が多数になると簡単に治安の悪化や犯罪率の高まりなど日本における生活の水準まで下がってしまうことが懸念されるべきだ。
犯罪が増えれば刑務所の圧迫にもなり得るし刑務所などの費用は税金で賄われている。
間接的に国民の税の圧迫になるという悪循環も有り得る。
果たして今後の行われる可能性が大きい労働者人口を賄うための移民政策などが功を奏するのかは不透明な面が大きいといえる。