和歌山県岩出市の中学校で
中学2年の女子生徒(14)が飛び降り自殺を図り
重症とのこと。
動機の原因は不明。
市教育委員会は、「いじめは確認されていない」の定型文である。

スポンサード リンク

中2女子、校舎から飛び降り=自殺図り重傷―和歌山

2015/12/12(土)16:56

 市教委によると、11日午前7時半ごろ、女子生徒が校舎から転落したと教頭が119番した。生徒が校舎3階と4階の間の非常階段から身を乗り出し転落するのを近くにいた住民が目撃し、学校に連絡した。生徒は病院搬送時に「痛い」と訴えるなど意識があったが、数カ所を骨折するなど大けがをしたという。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015121200249&g=soc

    いつもの『いじめは確認されなかった。』という発表しているし

  • 10月のアンケートではいじめは確認されなかったとか
  • 該当の生徒は12月は欠席はしていなかったというが、
  • その程度では、いじめがなかったとは言えませんな。
    自殺事件など何故立て続くのか疑問。

女子生徒が頭の骨折り重体 岩出第二中 /和歌山

毎日新聞2015年12月13日 地方版  

市教委によると、近くを車で通行中の市民が転落を目撃し同校に連絡した。女子生徒は非常階段3階付近の踊り場の手すりを乗り越え、約12メートル下に転落した。病院に搬送されたが頭の骨を折る重体。今月は休まず登校し変わった様子はなかったという。市教委は同級生への聞き取りを行っているが、いじめや体罰などは確認されていないとしている。

頭蓋骨骨折とかだと、どちらにしても悲惨な余生になりそうで、何ともいえない。

頭の骨を折る重体。

脳味噌にどういうダメージがあるのかは想像できないですが、脳の怪我や事故による損傷というものは得てしてよいものがない。
自殺の最大のリスクは即死できたらまだマシだと思いますが
中途半端にシネないと、余生は相当ハンデを肉体的・精神的に背負う事になるので間違えてもお勧めしない。
死ぬくらいなら、意地でも生きたほうがいい。
老体ならまだしも若いなら肉体的にも、余計死ねないですから。
むしろ2010年以降に中高の自殺ってわりと多くないか?という疑問点が強い。
奇跡手な事例(判例)でも引っ張りだせないかぎり今回の事件は何十年も遺恨を残す事例になると考えられる。

自殺のリスク

どちらにしても、自殺行為で思う通りにいかないと、どんだけのハンデがあるのか、ちょっとは考えるべきだと思う。
むしろ飛び降りという行為を選ぶ中学生・高校生はどうなのよと思うばかり。
自殺行動=死亡できるというものではない。
だからといって公共交通機関に飛び込んだりするのは明にNGすぎるので辞めろと思うが、もしも自殺したいと思ったら、公共の相談窓口くらい検索するか
インターネット環境が無ければ110番してみるという浅はかな選択肢があってもよいと思うのだが。
連続してこの手の自殺行動が何年かに数回起きるのは痛ましいことだと思うし、一向に改善していない
もしも息詰まったら、誰かに相談すべきだとは思う。

自殺したいと思うのであればり、せめて、もう一段階足掻いて欲しい。

もしも自殺したいと思うのであれば、極端なことしなくても、糞尿撒き散らして、いじめ加害者になげつけるくらいしてもいいと思う。
普通に考えたら、「そこまでやらなくても」と思えるくらいの復讐方法なんざweb検索すれば閃きもしようものの、中学生程度だと発想の時点で多様性がないと思うので息詰まって自殺にいたるんだろうねと思う。
このあたりは現代の社会のインフラやローカルな環境が整っていないので、なんとも救いようはないかもしれないが、
もしも、今、当方が、中学生・高校生という年代だったら自分が何を考えるか想像出来ないくらいインターネットの情報も物質も溢れていると思う。(入手手段も含め)
監視カメラ・スマートフォン・ボイスレコーダーなど、各種アイテムが15年前には想像できなかったくらいに小型化・軽量化・使い易さ・大容量で安価で販売されている。(数千円~1万円程度)
むしろこれらすら許容しない保護者なのだしたら貧困世帯なのか、保護責任者としての資格の欠如を疑うので、適切な機関に相談する事をお薦めする。
保護者に泣きついてでもそれらを購入して証拠保全することをお薦めしたい。
死ぬくらいなら復讐してから諦めて欲しい。
何も暴力で復讐しなくてもいい。
公的な機関に相談するなり証拠保全して学校につきつけたり教育委員会に報告してみたりetcやれることはある。
いじめ⇒通報する程度の知能は中学生以上高校生などは身に着けるべきだ。
ちょっと機転を利かせば、ある程度なんとかできそうなものだが、そこまで牙を抜かれているのか?と疑問視してしまう。
被害者であることが明確なのであれば加害者に対して一歯報いるくらいの方が、良いのではと思う。
むしろ加害者に致命的なトラウマ与えてもドローにする刑事事件の判例作って欲しいくらい。

大抵イジメは被害者が大損

現行法だと被害者のダメージの方がでかすぎる。
無駄死にしていたら何も残らない以上に家族や同級生(いじめ加害者除)に負担与えるだけだし、
自殺考える前にもうちょっとやっておくべき選択肢を提示できる社会であってほしいとも思う。
これに関しては福祉や文科省を恨んでください・・・・。

日本でイジメはやり逃げですまされる実態

きっと今居る現実はイジメ加害者の、多数派による社会なので、決していじめ被害者が多数派の社会ではないため、どうしてもいじめ加害者に加担する思想の社会が出来上がっているのです。
もしも自殺するくらいなら、100年くらい生きて、戦う道を選択して欲しいものです。

市教委「いじめはない」岩出の中2転落で

15年12月14日 18時55分[事件・事故]

岩出市立岩出第二中学校(野上野、生徒888人)の2年生の女子生徒(14)が11日、校舎の非常階段から飛び降り、病院へ搬送された転落事故について、同市教育委員会は12日、市役所で記者会見を開き、事故の状況などを説明した。いじめなどの問題の事実は確認されていないとし、いじめとは別の原因で自殺を図った可能性が高いとの見解を示した。

いじめとは別の原因かの可能性が高いという見解というのも謎。
「同市教育委員会」という仮称ではなく責任者の名前だせやと思うばかり。
中学生がいじめという外的要素以外の問題で飛び降り自殺する事例がそもそもないと思うのだが?
市教育委員会は何を考えているのだろうか?
都道府県の公務員の賃金やら、
電力会社の賃金よりも、
教育委員会という組織一辺解体すべきではないでしょうか?

和歌山県岩出市の地図

https://ja.wikipedia.org/wiki/和歌山県中学校一覧

和歌山県岩出市岩出第二中学校の地図

  • 岩出二中で女子生徒が校舎から転落して大ケガ 市教委が会見(写真付)
    http://wbs.co.jp/news/2015/12/12/72835.html
  • 県立奈良北高校 高校1年「いじめ」飛び降り自殺! 期末試験でも「カンニングしただろ」と言いがかり?
    前回は奈良県だったし、今回は和歌山で近畿地方で2例目なので、なんともいえないな。

    いじめ指導24の鉄則―うまくいかない指導には「わけ」がある

    いじめ指導24の鉄則―うまくいかない指導には「わけ」がある

    荒れる学校200校を診てきた著者が、いじめを克服する学校・学級づくりの鉄則、具体的な指導法を詳細な分析に基づいて公開。あなたの学校を救うヒントが必ず見つかります。【生徒指導/いじめ/小・中・高校教師対象】

  • 著者: 吉田 順
  • 出版社: 学事出版
  • 発行日:2015-11-30
  • いじめ指導24の鉄則―うまくいかない指導には「わけ」がある

    いじめで自殺するよりも

    いじめがあったとして自殺するくらいならドローン少年のノエル位に醜くても足掻いている方がまだマシに見える。
    自殺で死んだりする方が、よっぽどリスク高いのだから。
    いじめ加害者は自殺されてもノウノウと余生暮らすし社会人になったらそんな同級生がいたことすら思い出さないと思いますよ。
    登校拒否選択しても中学までなら嫌でも卒業資格もらえるでしょう。
    ひとまずいじめられてどうしようもないのであれば、逃げの一手で良い。