ジェンダーとは?|単語

スポンサード リンク

ジェンダーとは?

文化的な性別。社会にこうあるべきだと思われている性のあり方・考え方。

制服チェックガラプリーツスカート赤色×黒色

    文化的性別の事例。

  • 男らしい
  • 女らしく
  • 等、性別で、その文化特有の求められる行為や格好などの事を指します。

スポンサード リンク

男女格差

女子制服姿冬服ブレザー

女子制服姿冬服ブレザー


基本的に社会を見ると近代化した現代で 経営者や医師などになる女性だけでなく
肉体的な面で差が有るはずの、スポーツや軍事面でも男女差の機会は差が無くなってきていますが、未だ男女差は如実に社会に存在する。
男・女が過半数の性別であり、基本的には男か女かで論じられることが基本的なジェンダーの背景が存在する。。
男らしくありなさいだとか女らしくなど、
文化的に性でこうあるべきだとする考えが強い。
若い世代よりも高齢者に多く、都市部よりも田舎の方が古い考え方が多く男女差は強い物が有る。

女性がお茶を汲むなどという事が当たり前に考えられている。
埼玉県の「お茶出し」という仕事の問題について
ただしこれは国際的な価値観からすると、性差別だろう。
日本では当たり前にまかり通っている。
男女の仲の価値観の違い。

マイノリティー

男か、女以外の、少数派の性も存在する
性的に性別不明瞭な半陰陽(インターセクシャル)が存在している。
しかしながら、社会的に男女の性別が圧倒であり他を認める考え方は近年になって出始めているだけで歴史が浅い。
海外では男女以外の性別表記が認められている国は存在しているが比率は圧倒的に少なく少数派である。
実際にあまり認識されていないのは、性別欄は男・女しかなくどちらかの性を選ばないと暮らせないからだという文化的な面が強い。
宗教的・民俗学的にも、少数の性は認められておらず、神話程度の創作として扱われてきた時代の背景が強い。
ナチスの少数派の虐殺などの史実も存在している。
LGBT (えるじーびーてぃー)とは?|単語
トイレの男女のマーク

服装

女性がズボンを履くことは、許されている。
しかし男性がスカートを履くと奇異の目で見られるのが日本だろう。
学校生活の場で男性がスカートを履いて登校することがあればかっこうのいじめの餌食となるだろう。
女子制服、ズボン選べる学校当たり前にした校長という記事
和服の格好は、浴衣でも袴でもほぼ「スカートじゃないか」と突っ込みいれたいものですが日本では何故か和服はスカートとして認識されない摩訶不思議な面が存在している。

性別に応じた公共施設

男女共用の障碍者用トイレは都市部を中心として増えてきている。
スーパーなどの大型施設でも普通に目につくようになったほか
駅や公園などでも普通に利用できるため性的少数派の人でも安心して利用しやすくなっている。

問題があるのは「更衣室」と「風呂」などだろう。
職場やジム、銭湯などはほぼ全滅といっていい。
マイノリティーだからと特別な策はとってもらえず、「嫌なら去れ」という姿勢だ。
生活が懸かっているとこの苦悩は相当辛いものとなる。

性同一性障害のフィットネス会員が提訴へ 京都

各種声の出し方の違いと特徴

日本で性に対する理解が深まる事への期待度

性的少数派の政治家とかも更に希少数であるため
性文化にかんする取り組みが日本で進展することは期待できないであろう。
男女雇用機会均等法から30年近くたっても女性の社会進出や賃金差が男女で縮まらなかったのは女性政治家や会社トップの女性比率が少ない体と言う面も強く有る。
今後日本で男女比が1:1になるかの期待値も少なく、さらに性的少数者にたいしてま住みやすい社会になるとはとてもじゃないが考えにくいだろう。
ひとまず政治の場での男女比が同等になる事から始めないと性に関する文化への関心は深まらないだろう。

スポンサード リンク

生活
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました