計画停電とは東日本大震災後各種発電所の被害送電線の被害などから出力不足が危惧された問題
原子力発電所を停止したことによる電力消費量なども懸念された。
東京都含む首都圏の電気の発電力不足を危惧した停電の措置に対する一環として計画停電が計画された。
基本的に省エネ・蓄電・自家発電で乗り越える他ないのですが
致命的なことが多々あり個人では到底解消できない事は多い。
原因は地震による、発電所の故障や送電設備に支障が出たためであるが
様々な点でダメージの甚大度が顕著になった。

輪番停電

特定の地域ごとに停電措置をとる方法
発展途上国などでは電力不足が今なお顕著ではあるが
日本で行われるのは戦後直後以外では
東日本大震災のことだけであり

計画停電のリスク

命と経済に与えるダメージが非常に大きい可能性がある

  • 生命の危険
    呼吸器や各種医療設備を自宅で使用している人などが普段通りに過ごせないリスクが発生すること。
    医療機関でも全ての病院で自家発電の設備があったとしてもすべて賄いきることが出来るかは不透明な要素も残る。
  • 冷暖房
    夏場なら熱中症の危険度
    冬場だと凍死の危険
    地域と季節によっては健康被害が大きくなる可能性も考えられる。
  • 生産・消費の下落
    24時間稼働の大規模な工場などで
    1日数時間停電による停止を余儀なくされると
    それだけで相当数の売り上げ減少につながる。
    その時間働けていた人の賃金も減る事となり給与が下がる。結果として消費も落ち込む可能性が有る。
  • 食品の問題
    数分間の停電ならまだしも、冷凍食品など冷蔵保存が一定時間でもできなくなることで品質劣化・場合によっては破棄しないとならなくなるため飲食店のダメージが大きい。
  • サービス業に与えるダメージ
    接客の店舗では店内が真っ暗になるため営業できなくなる。
    お湯が使えないことで美容室などでは染髪もできなくなる。
    飲食店では食材の保存・営業時間の売り上げ減少など致命的なダメージを負う。
  • 交通機関の問題
    停電を一定時間起こすことは交通に支障が出かねない事。
  • 通信の問題
    インターネットインフラと電話回線の通信が立たれること。
    ともに電力が無くては成り立たない。
    ※アナログ回線だとNTT局舎から電力供給がなされていたため昔の電話は使えましたが現在の固定電話は光回線網化されているためまず困難だといえる。
    アナログ無線なども一般的な通信方法ではないため、かなり致命的なことになる。
  • テロリストの危険
    監視カメラが動かなくなること。
    電話設備が機能しなくなる可能性(通信手段の麻痺)
    仮に都市部で計画停電や大規模な停電が計画された場合は、ターゲットになる事必死といえるだろう。
  • 節電と自家発電

    震災後ソーラーパネルの普及や電気買取の施策が行われたが抜本的な電力会社に対する不信感と信頼性は戻っていないと考えるべきだ。
    節電方法としてこまめに電気を切るだとか古い家電は効率が良い家電製品に切り替えるという方法以外に
    LEDライトに切り替えるのも手っ取り早い省エル対策ですが、工場や会社の規模と比較すると微々たるものという点も存在する。

    計画停電の疑問点
    原子力発電所をすべて止めていても電力不足にはならないことが現実のものとなったこと。
    そもそも原発は必要なのかという問題。

    防犯&防災グッズのオンラインショップ「TSSP.jp」

    文字『計画停電とは』