息災(そくさい)の単語の意味について

  • 息災とは、病気にかからず元気な状態
  • あらゆる災いが無くなる様

breathing

息災を含む言葉

  • 御息災
    相手を敬って使うときには御息災(ごそくさい)と使う例もある
  • 一病息災(いちびょうそくさい)
    一つでも持病がある方が長生きできるたとえ
  • 病気になっても老いても長く生きられるような言葉。

  • 息災延命(そくさいえんめい)
     災いがなく長く生きられること
  • 息災と単語の意味と文化

    基本的に日本では災いを祓おうとする信仰が根強く感じる。
    大安吉日のように暦ですら、願掛け気運が習慣づいていると言える。
    神社の初もうでやおみくじも同様だ。
    どの程度若い世代にまで浸透しているのかは不透明ですが、社会に出るとどうしても様々な世代の人、年配世代、各地域の人と交流するために伝統的な風習・習慣は必要になる。

    血液型診断とか、テレビの占いですら気に掛けるような層が一定数いるのも、願掛けが大好きだというものだろう。

    文字『息災 そくさい とは』