18歳未満が働くというと一般的にはアルバイトが多いと思いますが、
就労している人も一定数いると思います。
アルバイトなどの就労で18歳未満の就労時間22時の勤務までに関することについて紹介します。

18歳未満とは「17歳以下」を指す。
17歳までの人は22時以降のアルバイトなどの勤務は、労働基準法で認められていない。
発覚すると雇用主が刑事罰の対象になる。

本人が望んでもダメだということ。
信用問題にもつながるため、17歳の人が割増賃金目当てに本人が就労を希望したとしても働かせてはいけない。

スポンサード リンク

年少者の雇用

区分け

  • 満18歳未満の者は年少者に該当します
  • 満20歳未満の者:未成年
  • 満15歳未満 翌3月31日経過まで:児童

年少者については
変形労働時間制がNGであること。
フレックスタイム制も駄目。

高校生等を使用する事業主の皆さんへ – 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/040330-8a.pdf

18歳だと

22時以降の勤務に関して、法律的には18歳であればセーフです。
とはいえ高校生ですと、学業が本業であることから好ましいことだとは言えません。
18歳でも、高校卒業以降か、22時迄の勤務が妥当です。

女子高校生風の女性の後ろ姿

類似する制限

深夜外出の制限などで18歳未満は、23時以降は外出していると補導の対象になる可能性もある。
青少年健全育成条例など。
多くの県で、23時から翌日の4時まで外出禁止の時間帯に定められています。

これ一冊でぜんぶわかる! 労働基準法2017~2018年版