2011年1月24日現在SSDのCドライブの普及が増えてきた。
ここでは、Core i7 2600KとP8P67でSSDを使用してどれだけ速度がでるのか?
という気になる話題に、ついて紹介します。

SSDを使用してどれだけ速度

かなりも気になるレビューがあったのでメモまでに

  • PX-256M2S を始め、
    PE32GS25SSDR
  • X25-M Mainstream SSDSA2MH080G1C1
    X25-M Mainstream SSDSA2MH080G2R5
    X25-M Mainstream SSDSA2MH080G2C1
    X25-V SSDSA2MP040G2R5などで気になる人がいれば必見です。

    こちらの記事

    http://club.coneco.net/user/6338/review/53469/

    他、

    Windows7で古いバックアップのデータを消してハードディスクを軽くする

    プレクスター/plextor PX-256M2S

    • PLEXTOR PX-256M2S
    • P67 Chipset 6G
      http://club.coneco.net/ImgPopUp.aspx?pd=6338&rd=53469&ps=0
    • P67 Chipset 3G
      http://club.coneco.net/ImgPopUp.aspx?pd=6338&rd=53469&ps=0

    結論としては、転送速度だけでみると、coreiの2世代目でSATA3.0(6Gbps)の速度は十分に引き出せていないどころか、感じとしてはこの程度だと
    AMDのPhenomx6とAM3マザーボード890FXの組み合わせがコストパフォーマンスには優れていて、いまいち魅力を感じないintel新CPU・・・

    まぁ後はCPUの能力の差がどの程度なのかですが・・・
    低電圧っぽいので、発熱は抑えられているようです・・・いかに。

    CPUに関しては別個しらべなくてはだ。
    Intel CPU Core i7 i7-2600K 3.4GHz 8M LGA1155 SandyBridge BX80623I72600K

    Intel CPU Core i7 i7-2600K 3.4GHz 8M LGA1155 SandyBridge BX80623I72600K

    メーカー: インテル

    Intel CPU Core i7 i7-2600K 3.4GHz 8M LGA1155 SandyBridge BX80623I72600K

    アマゾンAmazonで『パソコン・周辺機器』を検索する