タブレット市場ではアップルはイマイチで
反対にマイクロソフトは好調な様子。
何故こんな事になったのか?

スポンサード リンク

タブレット戦争に敗退するアップル Windows勢力が躍進

Forbes JAPAN 11月28日(土)13時10分配信

11月23日、調査会社Strategy Analyticsが発表したタブレット市場のレポートによると、Windowsタブレットの販売数は1年前から約6割伸び、今年度は2,200万台に達すると見込まれている。この市場ではアンドロイドが68%と最大のシェアを誇っているが、それに続くアップルは22%。Windowsタブレットはその約半分の10%を獲得している。

タブレット市場そのものは活気づいているようなのですがappleが苦戦しているようだ。
アンドロイド端末が未だ優勢なのも引っかかる所。

アップル iPad mini Retina

アップル iPad mini Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル 16GB ME279J/A シルバー

アップル iPad mini Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル 16GB ME279J/A シルバー

  • メーカー: Apple Computer
  • アップル iPad mini Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル 16GB ME279J/A シルバー

    SIMフリーモデルじゃないと端末にSIMはさせない。
    となると、WI-FIモデル購入するのはデメリットが在る。

    iPadは元々便利そうではありましたが
    タブレット端末が各社から安い製品が販売されている現代では
    iPadを購入する動機付けとしては、価格が高いことが否めない。
    反対に iPadで出来ることと、その他のタブレット端末でできる事を比較してもiPadを選択する魅力は弱い。

    端末の価格の高さ

    iPadが只でもらえるなら嬉しいかも知れませんが、
    買うとなったら他のタブレット端末でいいんじゃないか?と、どうしても考えてしまう。

    寿命が短いタブレット端末故
    タブレットの弱点としてバッテリーが2年も使うとまともに機能しなくなることから
    どうしてもノートパソコンなどよりも劣化が如実に出てしまうためハード価格はネックになっていると思う。