外付けHDDを買うのなら自作で組み立てたほうがお得なのではと思ったのですが・・・。
BUFFALO USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-CL2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
B003I4DPLQ
調べてみたら意外なことが・・・

スポンサード リンク

追加HDを足すのも自作のほうがなにかと便利だ。

  1. 外付け用のケース 1500円くらい
  2. HDD 2TB 6800円
  3. SATA3.0(6Gbps)対応でも5900rpmのものが最安価格でこの程度。
    SATA2.0だと 6000円前半のものも。

    合計 8300円くらい。

最近のハードディスクは壊れにくいようなのであまりこだわらなくても良いかと思います
(私は今までハードディスクのデータ損失に遭遇したことは無い・・・)
ただ衝撃とか電気、水などは注意しないといけないので、裸族等のHDD等はですが。

ちなみに拡張性があるものも、2台4TBまでのものがケースとしては多いようですが、価格が高い。
このあたりは、電源の問題なのか、あるいはOSとの認識の問題なのか・・・。
まぁRAIDを組みたい人などは、そちらで構成するのが無難か。

以外に安い外付けハードディスクドライブ

しかし外付けHDDドライブの価格を調べたところ、思っていたよりも安いことが判明orz

自作する場合と比較して、1000円もコスト差が無い・・・

中身のHDDの性能がメーカースペックだけでは、わからないので正確なスペックの比較はできませんが、
実質的なものは、HDDスペックはUSB3.0などで接続する物はまだ増えていないし、
この程度の価格差ならUSB2.0だしスペックは置いておいても、外付けをそのまま購入しても、まぁ良い気はするのでした。

各種ゲームや、液晶テレビなどの録画機器にも対応していることが売りな用なので、通常の外付けHDDドライブ購入の場合は、後者が断然有利なのかもしれないと思ったのでした。