PC(パソコン)の違いについてざっくりと
私的な観点で、偏見だらけです。
昨今のスマートフォンの普及のしすぎでパソコン離れが叫ばれる時代ですが、
ここまで酷いPC知識格差が堅調になるとは考えていませんでした。

スポンサード リンク

OSの違い

OS(オペレーションシステム)が違うことは、脳の中身が違うといっていい。
日本語しか使えない日本人と英語しか使えないアメリカ人程度に違う。
文化も違うため、内容が通じない。
パソコンのosとしては、市販されているものではWindowsが主流。
次いでApple社のMacのos。
他にLinuxやChromeOSなどがある。

スマートフォンにもOSによる違いは有り、
iphoneのiOSにたいして
GoogleOSのAndroidなど。
互換性は無い。

Mac 高級車

Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/2G/64G/802.11n/BT/Thunderbolt MC968J/A


価格が高い。
メーカーがある程度は、製品の保障はするけど、ハードが高い。
ハードのスペックは並みの上。だが価格は高い。同等価格ならWindows機だと最新スペックでapple製以上の物は購入が可能だったりする。
乗用車を搭載することも可能なので、乗用車にできることはすべてできるが、ハードの価格だけがネックの端末。
自力でパーツ交換したりするとメーカー保障は無い。
マッキントッシュMacintoshの意味。人名・PC・他
最近はマッキントッシュという単語では通じない世代も居る模様。

Windows搭載PC 乗用車

軽自動車~トラックまで多種多様な車を販売されている。
各種PCメーカーに搭載されているので互換性は高い。
自作PCといえばもっぱら、WindowsOSで組み立てられる。(他にはLinuxなどの無料osなど)

モバイルPC 原付

原付でありながら自動車レベルの速度や性能をもった高級車はそのスペックは自動車並みというものも中には存在する。
ただし拡張性や、機器の接続などが多様ではないのがどうしても乗用車にはかなわない。
最終的なバッテリーの保持できる時間でもスマートフォには負けることがある。

スマートフォン 自転車

持ち運びべんりで、モバイルPCで可能なネット閲覧や外での動画閲覧まで可能にした、最軽量な車。
ただし、動画編集したりイラストを作成したり、作成するということには長けておらず、閲覧するということに主軸をおいたことを目的とした車両。

ハードの違い

パソコンは、CPU・マザーボード・メモリー、電源、SSDやHDD等の記憶領域などで構成されている。
中にはグラフィックカードや、サウンドカード、PCI接続機器などで、拡張されていることも多い。

CPUの違い

CPU コンピューターは、WindowsPCでもMacでも 同じものが使われることが多い。
ただし、intel社製とAMD製の2社が存在するため必ずしも同じとは限らない。
これはグラフィックボードや内臓チップセットにも違いが出る。

その他部品の差

基本的な電源などはサイズが合致すれば交換可能だ。
メモリーやマザーボードは互換性がある規格ならば変更可能です。(流通している製品は、規格が販売時期で異なることが多い)
SSDやHDDなどもサイズが3.5インチや2.5インチなどのサイズと、
SATA接続などの違いが無ければ交換は可能だ。(SATA3.系~SATA系は下位互換は有り)

お勧め記事