ノートパソコンのおすすめ製品について紹介する前に幾つか確認して起きたいポイントがあります。

  • 価格なのか
  • 性能なのか
  • 外でも配信したり、ハイスペックな機能が欲しいのか?
  • 持ち運びしやすいノートPCが欲しいのか?
  • タブレット端末にしようか悩むという程度なのか?
  • 保障期間

単純にノートパソコンと言ってもそのパソコンをどういう目的で使うのかでお薦めできる製品は異なるのが実情です。

スポンサード リンク

価格優先なのか

価格重視で選ぶ場合メーカー製のパソコンではなく、BTOパソコンを選択すれば安く購入可能です。

Nvidiaのグラフィックチップセットがプラスでついているものはそれだけで数万円程度は高くなりますし
CoreiシリーズのCPUだと高価ですし
Celeron などだと価格は安いのですがスペックは劣ります。

ざっと見たところ安いノートパソコンだとドスパラで  48,980 円(+税)という製品を見つける事ができました。
BTOは、PC部品などを販売しているショップが製造販売しているもので、価格が安くスペックが豊富なのが魅力です
代表どころとしてはドスパラなどですが、他にも似た様なノートPC販売ショップは数多く存在しています。

ドスパラは最短当日出荷!
お勧めのパソコンショップ
もっと安く買いたいという場合は、中古品などで型落ちなどの製品を購入したり、(ドスパラの中古品販売ページで簡単に検索できる)
PCショップで、店頭展示品が売られている場合に購入できれば多少安く買うことが出来ます。
ヤフオクなどで自信があればcoreiの物で世代を問わなければ1万円台程度から入札可能な動作確認済みの中古ノートPCも販売されていたりします。

性能なのか

性能もパソコンのスペックなのか?頑丈さを求めていたりバッテリーの耐久性を求めているのかでも異なってきます。
CPUスペックだけで考えるとセレロンよりも、「core i3」⇒「Corei5」⇒「Core i7」でハイスペックです。
純粋なスペックだけで考えるとMacbookを選択するか、BTOPCにグラフィックチップセットが付けれるものや注文時にある程度拡張可能なショップで購入するのが無難です。
頑丈さやバッテリーの持ち、保障期間などで手厚いのは一般メーカーのPCになります。

外でも配信したり、ハイスペックな機能が欲しいのか?

ハイスペックなノートPCを購入する場合、Corei7のCPUに、OSは64BIT版。メモリー搭載数は極力多くつみグラフィックチップセットを別個付けれるオプションが好ましいといえます。
最新部品で、高パフォーマンスを求めるのであればBTO PCが手っ取り早いといえます。

AppleのMacの場合で゛は、MacBookAirよりも MacBookProの方がスペックは高い。
(ただしWindowsOSのBTO PCと比較すると個別の部品のスペックは1世代前になることが多い。
Appleの互換性の保障他などの問題でしょうけども)

持ち運びしやすいノートPCが欲しいのか?

純粋に持ち運びしやすいものを探しているのであれば、
モニターのインチサイズが小さいもので軽量なものを探すが無難だといえます。
鉄板なのはapple社のMac OSのMacBook Airです。
薄さと軽さのPCというと真っ先にこれが浮かびます。
MacBookAirに近づけようとしたWindowsPCも存在しています。

タブレット端末にしようか悩むという程度なのか?

a rel=”nofollow” href=”https://www.amazon.co.jp/dp/B00O2XAEDE/ref=as_li_ss_il?&linkCode=li3&tag=nufufucom-22&linkId=4bcfdbee215294501d942fe8bc64d757″ target=”_blank”>マイクロソフト Surface Pro 3 [サーフェス プロ](Core i3/64GB) 単体モデル [Windowsタブレット] 4YM-00015 (シルバー)

マイクロソフト Surface Pro 3 [サーフェス プロ](Core i3/64GB) 単体モデル [Windowsタブレット] 4YM-00015 (シルバー)

  • メーカー: マイクロソフト
  • マイクロソフト Surface Pro 3 [サーフェス プロ](Core i3/64GB) 単体モデル [Windowsタブレット] 4YM-00015 (シルバー)もしもタブレット端末かノートPCにしようか悩む程度の使用目的であれば、サーフェスのようなタブレットともノートPCとも中間のような端末も存在しています。
    サーフェスだと価格が若干高い感じがしますが、メーカーはマイクロソフトなので品質は申し分ないスペックだと考えられます。
    他にも選択肢はあります。

    タブレット端末とブルゥートゥース接続のキーボードがあればある程度ノートPC代わりに使える。

    ウィンドウズも8移行のOSではタブレット端末対応ですし、Windows10もタブレットとして利用可能です。

    保障期間

    ノートPCの保障期間や保障内容は時期や購入ごとにかなりの違いが見られます。
    一度ノートPCが物理的に壊れると修理を考えるとコストは買い換えたほうがいい程度の金額になることが殆どです。
    このため保障内容と、延長保障などで受けられる内容は十分に把握した上で購入すべきです。
    万一の際にバックアップデータをとっていなかったら致命的なことになりかねないので
    外付けハードディスクなどにデータの保存は行うべきだと思います。
    PCデポの高額サポートの騒動

    セキュリティー面

    ノートパソコンやタブレット端末で、幾ら安いと言っても、中国産メーカーの端末は買わない方が良いです。
    これは欧米の各国の政府単位で、中国産メーカーの端末はセキュリティー面で危険視していることが挙げられます。
    ウィルスやスパイウェアのように後から入ってくるのではなく、端末そのものに穴があるように出来ているため悪意がある仕組みが最初から仕込まれている為ユーザーが予期しない挙動をする危険性が中国産というだけでついてまわるのです。

    他にも韓国の官僚も、ネットを傍聴していると抜かしたニュースも記憶に新しく、韓国資本のLineなども韓国のNaverのグループ会社なので、万一何かあっても闇に消えて見えない危険性があると考えられます。

    ハードだけでなく、ソフトウェアでも、中韓産だけは避けたいところです。