YouTuberとはyoutubeで動画をアップロードしてアドセンス広告で収入を得ている人たちの事。
主にユーチューバーと指す場合には、Youtubeの収益だけで生活できている人をいうことが殆どで、Youtubeで生活できていない動画アップロードしゃとの具体的な線引きは無い。
(或いは継続して動画をアップロードし続けている人も含まれるとのこと)
ユーチューバーとは
収入を得ている人は「プロ」やクリエイター、などとも呼ばれるそうだ。

海外ではユーチューバーとは使われず、
YouTube personality(ユーチューブ・パーソナリティ)
YouTube Star(ユーチューブ・スター)
YouTube Celebrity(ユーチューブ・セレブリティー)、
YouTubeクリエイター
などと呼ばれているとのこと。

スポンサード リンク

収益化

元々2005年くらいからサービスを開始していたYoutubeが日本でも2010年あたりから活気づいてきたのにはアドセンスを用いた収益化が日本でも敷居が低くなった事が最たる要因だろう。
一般のアフィリエイターと何が違うのかという点ではYoutube動画に広告を表示できるということ。
再生するまえに自動で表示されたりするものや、動画の横や上にバナーが表示されるためサイトアフィリエイトよりも広告が否応無く目につくという仕組みがある。(Youtube以外の広告は表示時間が長すぎたりして邪魔臭いですが。)

動画アップロードだけで収益が発生すると考えると、サイトアフィリエイトのようにSEOなどを考えなくともHTMLやCSSの知識が無くとも出来るため、一見手軽に見えてしまう手法だ。
yotuberになる方法

  • YouTuber(ユーチューバー)になりたいと思ったら何歳でも可能なのか?
    アドセンスが18歳未満は使用できない。
    18歳未満がyoutubeで広告掲載したい場合は親の承認の元親の振込口座と親のGoogleアカウントなどで運用しないといけない。
  • アドセンスの収益はどの程度なのか?
    クリックされると収益が発生するのは通常のサイトでも動画広告でも変わらない。広告毎に収益は異なる。
    一概に1クリックいくらとは言い表せない。
  • 一時期Naverまとめが儲かるなどといった話題もあったが、今では一部の人しか行っていないのではという感じもする。

  • 収益化できるものは?
    自分で撮影⇒編集などした動画。
    ゲーム配信や、アニメのMAD動画は著作権侵害なので不可能。
    (一部ゲーム会社が動画配信サイトで収益化の機会を与えている物は除く)
    ゲームパソコンも豊富 PCショップ ドスパラ

    音楽なども他人のものは使用不可能。(古い著作権が既に消滅していそうな音楽でも国が違うと著作権の理念が異なるため著作権侵害でアップロードできなかったりしたり、演奏者が類似ということで却下を食らうことが有る。システム的に弾かれるので微妙。完全に著作権フリー音源か、自作音楽或いは著作権や使用の証明可能な音源じゃないと使用不可能)

一覧

  • 日本のYouTuberランキング
  • YouTuberというか、チャンネル登録者数のランキング。
    facebookページでもいいね!数が多いランキングや、twitterなどでもフォロワー数ランキングがあったりするが、ランキング自体は動画の品質や面白さとは、あまり関係ない気がする。

    広告効果はあるのか?

    日本ではたとえばヒカキンなどという人はオフのイベントでも集まっている会場の客の姿から小学生中学生くらいの層が最も多いということが理解できる。
    海外がどういう事例で成功しているのかは知らないが、10代が多いということでは、アドセンス広告の広告効果は薄いのではないだろうかと言う危惧が発生する。CMとして印象づける効果はあったとしてもマクドナルドノ広告ならまだしも車のCMを見せても小学生中学生が購入するはずも無いのだ。
    視聴者層を最初から定めれるfacebook広告ならまだしもアドワーズでは聞いたことが無い。

    今後のyoutube広告とYouTuberの有り方の行方が気になるところである。

    現状と今後

    現状で日本のYouTuberの有り方を見ると、無料ブログや、まとめサイトが飽和したりしたときと似ている気がする。稼げると聞いたら群がる人たちが多数でるような現象。
    今後これらがどのようになっていくのかは未知数だが、日本語圏はせいぜい1億人程度の人口なので、高いトラフィックを得ることは困難な気がする。成功するとすれば言語の壁を越えないと無理だろう。
    むしろYouTuber(ユーチューバー)なる人が増えれば競合が増すだけで、トップに君臨する人は、本の一握りという構造が固定化するだけだ。こうなったら相違工夫か、或いは別のターゲットをシェアにいれないと勝てなくなる。

    日本のユーチューバー事情

    日本のユーチューバーははじめしゃちょーなどどう見ても10代狙った性も無いネタ動画でコンテンツが作られている。
    他の人の、紹介動画などもいまいち面白いものは無かったりする。
    反対側でシバターという人の動画は煽りやフザケタ動画が多く、見るといやな気持ちになる物が多い。
    どうように、オワ吉という10代後半のユーチューバー(?)もyoutubeだけで生活していると自称していますが、ネタが子供の口喧嘩レベルのもので他者をあおっていたりするので、プロレスごっこ好き過ぎだろうと呆れてしまう。
    閲覧者の大半も小中学生が殆どだしか思えないコメントばかりで満ち満ちている。

    ひとまず今のところyoutuberに斬新だったり画期的な人はいない気がする。
    クリエイティブというよりも、少し前のニコニコ生配信かのようなノリになってきているのが現状だろう。


    I/51UZUMwFNDL._SL500_.jpg” alt=”YouTubeでビジネスを加速する方法” align=”right” border=”0″ />

    YouTubeでビジネスを加速する方法


    YouTubeをビジネスに使うと、面白いほどお客様が集まります。
    動画と聞くと、撮ったり、編集したり、音の問題など、難しく感じてしまいますが、WindowsでもMacでも、カンタンに動画が編集できてしまいます。
    撮影はスマホでも、コンデジのムービー機能でも、ビデオでも大丈夫です。
    ただし、単純に撮ればいいというものではなく、しっかりしかけをしておかないとダメです。
    基本的なことから応用編まで、とにかく動画を撮ってYouTubeにアップして、ビジネスに活かしたい人は必読です。

  • メーカー: 武藤 正隆
  • 出版社: ソーテック社
  • 発行日:2014-06-21
  • YouTubeでビジネスを加速する方法

    一応2014年現在は、どこぞの中古ピアノ販売している人だとか、SEOとして直接とラフィックを獲得するための手段としてYouTubeは可能性も期待されている。必ずしも『YouTuber』のように動画だけで収益を挙げなくても色んなビジネス用とで応用利用が可能なことは忘れてはいけないと思う。

    youtubeは誰でも稼げるのか?

    Youtube(ユーチューブ)について。

    YouTuber(ユーチューバー)とは

    野々村竜太郎兵庫県議会議員MAD動画(youtubeより)