Amazon(アマゾン)が販売している電子書籍はKindle(キンドル)というサービスですが、
過去Amazon.comなど英語圏のkindleは、PCでも閲覧できていたのが日本だけPCでの閲覧はできなかった。
(そもそも国ごとでログインできるアカウントが異なるので、kindleの利用では不便すぎる)
ひとまず日本でもPCでKindleが読めるようになったとのことなので紹介します。

スポンサード リンク

Kindle Cloud Readerというサービス

キンドルクラウドにアクセスして開いた図。
キンドルクラウドリーダーにアクセスして開いた図。

ここからアクセスすると、Chromeだと拡張機能か何か追加求められて一瞬ギョッとした。

  • Kindle Cloud Reader
    Kindle Cloud Reader を使用すると、ウェブブラウザで瞬時に電子書式を読みいただくことができます。Kindle デバイスは必要ありません。
    https://read.amazon.co.jp/
  • ひとまずPCで読んだ方が便利な漫画などはPCでの閲覧が楽そうだ。
    と思ったら読めなかった。

    雑誌のみ対応

    kindleで読めない本
    kindleで読めない本

    文庫程度のものを読もうとしたら開けないとか表示された。
    つかえねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!
    PCで閲覧可能なのはコミックス(漫画)と、雑誌と洋書だけという仕様。(目的が不明瞭すぎる)
    というか過去にKindleで漫画買ったことないし、文庫を購入しておいてtouchで四苦八苦して読み勧めようとも読む気が削がれていたのに。今後kindle本買う理由付けには+αにはなりにくい。

    大画面でコミック・雑誌を見る専用ビューアーだった

     ただし、Kindle Cloud Readerで読める国内タイトルは、コミック・雑誌8万3000冊以上。Amazon.co.jpによると、PC/Macの大画面でコミック・雑誌を見開きで読みたいとの要望が多かったことから、今回はコミック・雑誌用に新機能を開発したとしている。このほか、洋書270万冊以上にも対応している。
    http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140919_667600.html

    コミック・雑誌用ということは、今後拡大してほしいものだ・・文庫や書籍もPCで閲覧させて欲しい・・・なんでこんな中途半端なことをという感じが頂けない。

    結局Kindle押しなのか?

    Fire HD 7タブレット―8GB、ブラック

  • メーカー: Amazon
  • 発行日:2014-10-16
  • Fire HD 7タブレット―8GB、ブラック

    キンドルのスペック表へのリンクがAmazonのトップに行くと表示されていたので、kindle買った方が楽なのかねぇと考えていたので
    PCで読めるならタブレットは必要ないかと思ったけど、一部の本のみPC閲覧可能だということでは、イマイチ。
    せめてタブレットないとKindleで文庫は読みにくい。PCで読めた方が圧倒的に楽だと思う。
    現在他の他社電子書籍でもPC閲覧が可能なサービスがあった筈だがAmazon.co.jpの迷走は謎に思う。Amazon.co.jpは一体kindleでどういう思惑があるのだろうか?
    やはりKindle端末を、ごり押ししたいという感じにしか思えない。

    Amazonで『Kindle』検索する