パソコンとモバイル(スマホやタブレット)の差について

パソコンとモバイル(スマホやタブレット)の差で言うとPCの方がいい。子供に買い与えるとしたらスマホよりもパソコンだろう。

スポンサード リンク

ノートパソコンとモバイル端末の特徴

デスクトップパソコンを外出時にも使えるようにしたものがノートパソコン。
ノートパソコンで出来ることを可能にした作業が楽に操作可能にしたものがタブレット端末。
スマートフォンは、タブレット端末並みの事が可能な携帯電話。
という感じではないだろうか。
※タブレット端末よりもスマートフォンの普及の方が早かったことは割愛。

文字入力

キーボードが内タブレットやスマホは文字入力機能はあるにはあるがあれを早く入力できたとしてもアナログのキーボードには適わない。生涯において、キーボード入力する頻度の方が高いため、モバイル端末よりもPCを使わせるべきだ。モバイル端末はOS毎に文字配列が変わる可能性があるが、パソコンの文字配列はそうそう変わらない。キーボードに為れていたほうが圧倒的に有利だろう。
スマホの文字入力が速くて仕事につけることはないが、PCの文字入力が速ければ仕事でやくにたつことは多い。

セキュリティー

パソコンとモバイル端末は、スペックやできることが似通ってきたがセキュリティーの点ではモバイル端末はPCに劣る。
そもそも携帯電話のためにセキュリティーソフトをインストールしている人がどれほど居るだろうか?
iOS、Android、が主流ではあるが、今のところ対策は目立ったものは聞かない。文字入力の項目で触れたように、モバイルだと出来る操作が限られているため、セキュリティーソフトを走らせたり不信なファイルを手動で探すことも不可能だ。
次は大きな利点の差について解説する

電源

ノートパソコンもスマートフォンも電源はバッテリーですが、
スマートフォンは薄型化と水濡れ防止することに特化したためにバッテリーの交換が原則出来ない。
メーカー修理の一環としてのみバッテリー交換は可能であり、ユーザー側が勝手に行うことはできない仕組みであるためガラパゴス形態よりも使い勝手が悪い。
この点ノートパソコンはACコードか、予備バッテリーがあれば交換可能な点有利。

PCが使えないということ

2016年度時点。
スマートフォンばかりが当たり前に普及してパソコンが全く使えない大学生だとか新社会人が問題視されはじめてきた。
Wordやエクセルといったofficeソフト以外にもそもそもパソコンを使ったことがないような人まで存在するようなのだ。
スマートフォンでYoutubeやニュースサイトやまとめサイトが閲覧できるからと言って、
PCで出来ることとスマートフォンで出来ることには制限が多いのが実態。
バカッターが今なお存在するのは、PCでインターネットを閲覧することが無く
スマートフォンという小さな画面と情報でのみインターネットを利用している弊害なのではないかと考えられる。

彼らが自ら危険に気づき自衛することを期待する方が土台無理な話である。

ニュース

その後も相変わらず高校生などが起こした画像のWEB投稿などが度々問題になっている。
2017年9月に起きた福岡の博多高校の事件もネットを正しく理解していなかった面が有ると考えられる。
LINEに投稿した動画が第三者によって、Twitterに投稿されて、
TWITTER上で粋がるリプライを送ったことして炎上
+
加害生徒の住所などが特定される末路に。
こういう事案が減らないのは、インターネットを正しく理解できていない無知な人にスマートフォンを渡していることが最大の理由だと言える。
パソコンとモバイル端末(スマートフォン等の携帯電話)で格差が広がること