新Macbook Proが出てそのスペックはというと、
一応CPUは、Sandy Bridgeのcorei7やcorei5なのですが、
Apple Cinema HD Display (23インチフラットパネルモデル) [M9178J/A]
激速だとかいう記事見て思うことは、

スポンサード リンク

グラフィックカードに見るスペック

Intel HD Graphics 3000は、Radeon HD5450 並みの機能らしいので、
グラフィックカードは、AMD Radeon HD 6750M 1GBを選択したいところ。
最新の3D技術とcorei7のスペックをふんだんに使いたいのなら、Radeon HD 6750M 択一です。

新Macbook Pro HDかSSDかの選択

新Macbook Proは、標準仕様は、HDなのです。
オプションのカスタマイズで、SSD搭載させることは可能ですが、
15インチのMacbook18900円に、メモリー4GB追加して、
SSD搭載させると、256GBのSSDを搭載させると、22万円強程度になってしまう。

HDとSSDのスペックの比較は、天と地の開きがあるので、
例えば
Windows機のSandy Bridgeのcorei7のスペックマシーンで、
SSD(SATA3.0対応)で400程度の書き込みに対して、
HD(SATA3.0対応)だと160程度なので
MacOSでどの程度のスペック差がでるのかは分かりませんが、これらの差が極端に激変することは無いはずなので、SSDは選択したいところなのです。

逆にMacbookAIRであれば標準がSSDなのですがこちらはcore2ということで、安いという価格差がいまいち・・・。

新Macbook Proで最速構成のスペックを狙うと、ちょっとコスパは高いのです。
ちなみに、MAXの構成スペックで注文しようとすると、30万円くらいになってしまう。

ノートPCとしてはスペックは最高だとは思うのですが、やはり、ちょっと割高なので手が届かないのでありました。
予算があれば、新Macbook ProはどこのノートPCよりもお得な内容だとは思うんですけどね・・・。
公開日時: 2011年2月28日