iBUFFALO ゲーミングヘッドセット 5.1chサラウンドシステム ブラック BSHSUH05BK
以前のものが2009年11月購入で、『ノバック リアル 5.1ch USB サラウンドヘッドホン CHAMPION HP-855U』というやつを使いまわしていたのですが、頭の部分が止め具が壊れて切れたり、音量つまみの部分のコンセント部分の被膜が破れていたり(断線の可能性あり)で、まぁボロボロでスピーカーにたまにズッズッズとノイズが走るようになったのでさすがに耐えられず買い換えた。

スポンサード リンク

購入したのはコレ。

BUFFALOはあまり良い思いでは無いものの、安いものでチョイスした。

iBUFFALO ゲーミングヘッドセット 5.1chサラウンドシステム ブラック BSHSUH05BK
2013/3/1日時点でAmazon直送のものだと、¥3,481で購入できた。届いて確認したらアマゾンが在庫切れのためで、別店舗発想の物だと1000円くらい高い。まぁ注文した時に残り3個だったので仕方ないか。在庫が追加されるかどうかは分からないが5.1chヘッドセットではお特に買えたと思う。(これらってオープン価格の参考価格は8000円程度っぽいので。)
(以前の物でも2010年度で5000円くらいだった)

5.1chのヘッドセットで3000円台なので格安品なわけだと思うが、まぁよい。ヘッドセットに5.1chとか(笑)という突っ込みもいりません。USB接続いちいち付け替えるのが面倒なだけなんです。アナログのヘッドセットとUSBのヘッドセットを付け替えるのも面倒。
スピーカー単体とかもう数年接続した記憶が無い。そもそも新品で購入した記憶が昨今は無い。ものぐさの極みなのです。

接続してみた

届いて、設定でつまづくかと思いきや、前回のがwindows7の発売直後でドライバが64bitOSに対応していなかったりして右往左往したことと比較すると、今回は楽だった。ひとまずUSB接続で特段設定無しでもマイクは試していないが、スピーカー部分は聞こえるようになった。

添付のCDROMもスムーズにCDのドライバーインストールが可能だった。
再起動後画面右下のアイコンで、マイク音量と、スピーカー音量がいじれた。virtual 7.chにも対応しているっぽいので8chの項目が表示されている。

ただ、このヘッドセットスピーカーの音量が1つしかなく、個別で個々のスピーカーの音量調節はできないっぽい。前のヘッドセットが4つくらいつまみがあったので、どっちが良いかはまぁ知らないですが。

マイク部分が短い。音は拾っているようではあるものの、offにしないとノイズが入っているような感覚にとらわれるのでこれは様子見。(まだ未使用)

iBUFFALO ゲーミングヘッドセット 5.1chサラウンドシステム ブラック BSHSUH05BKには、ミュートボタンが、『スピーカーミュート』と、『マイクミュート』が個別でついているので、この点はまぁ使うかどうかは分からない機能だが、あるだけよいとする。

ひとまず3年もたつと安く高性能になりますなぁ、PC関連機器も。

iBUFFALO ゲーミングヘッドセット 5.1chサラウンドシステム ブラック BSHSUH05BK

ひとまず今後ミキサーなどの質は確認してみたい。
(格安な部類のヘッドセットなので音質にはたいしてこだわらないですが、ひとまずアナログ接続のの1000円位のヘッドセット等のものよりは断然スピーカー部分の音はいいと思う。)