スマホやパソコンで使われているギガという単位に付いて紹介します。

単位の仕組み

1バイトの1000倍が1KB
1kbの千倍が1Mb
1Mbの千倍が、1Gb
1Gbの千倍が、1Tb
1b ⇒kb ⇒ Mb ⇒Gb ⇒ Tb

スマートフォンの場合

スマートフォンで『ギガ』と使う単位は、特に通信容量で使われねことが多い。
WEBサイトの読み込みや動画の閲覧、web上の音楽をストリーミングしたりすると使用料が増える
消費する通信容量の単位なので目に見えて実感できることは少ない。

1ヵ月で利用できる通信量は1GB単位から携帯電話キャリアでは提供されているサービスが多い。
例「ギガ使い放題キャンペーン」等

通信接続の種類の3Gや4gは、サンジー、ヨンジーと呼ぶためギガとは呼ばない。

PCの場合

パソコンで『ギガ』と使う単位は多い

  • ハードディスク・SSDの容量
    128Gb(ギガバイト)~3TB(テラバイト) などが主流。
    2018年現在MB単位のHDDは流通していない。
  • メモリ
    PCメモリの容量単位
    2Gb~8Gbが主流
  • 光接続
    LANケーブル CAT6
    インターネット接続速度
    100MB~1Gb~2GB。
    スマートフォンなどで速度制限が起きるときに100kbpsといった数値になるのもこのネット接続速度の値と同じ意味
  • 各種データの容量なのですが、該当するサービス・機器によって意味合いが異なる。

    通信容量の問題

    固定回線のネットインフラでも速度制限は行われることがある
    インターネット回線を利用していると容量が極端に肥大化するとISPから傾国がくる事例が存在する。
    近年では動画サービスも大容量化したり生配信サービスも増えてきたた為緩和されたりはしているが、一方で違法共有ソフト等回線を食うユーザーが増加したりすると、速度制限は発揮されることがしばし起こる。
    最悪の場合プロバイダから解約された事例も耳にするため普段から固定回線のインターネット接続容量も気にしていた方が良い。

    What is Giga?