Windowsパソコンの基本操作について。
デスクトップから任意のファイルなどを起動させるのが面倒という場合の基本操作。
パソコンで特定のフォルダやファイルなどに簡単にアクセスするには
ショートカットの作成が便利。
WindowsOS全般で作成方法は同じ。
ここでは、ショートカットキーの作成のやり方と手順の方法解説です。

スポンサード リンク

ショートカットの作成方法

ショートカットキーの作成手順1
・フォルダや、
・exeファイルや
・excelファイルや、画像ファイルなど任意のショートカットキーを作成したいものを探す。
ショートカットキーの作成手順2

マウスで右クリックする。

ショートカットの作成をクリックする。

ショートカットキーの作成手順3
警告が表示されますが
デスクトップに作成するというだけの場合はOK。
ショートカットキーの作成手順4 完成
デスクトップにショートカットが作成される。

ショートカット作成後

  1. 元のフォルダの階層にアクセスしなくとも、
    今後はショートカットキーをダブルクリックすれば起動できるようになる。
  2. ***** – ショートカットという名前は任意の名前に変更可能
  3. デスクトップ以外のフォルダに移動させても利用可能。
  4. ショートカットキーを削除したり、どこのフォルダに収納しわすれた場合には、フォルダ検索で探すか、
    また作成すればよい。