覚醒剤使用したとして逮捕 されたASKA不起訴へというニュースが報じられていた。

スポーツ新聞他続いてNHKも報道しているが
こうなってしまうと警察の捜査体質を疑問視してしまうのですが。

覚醒剤使用したとして逮捕 ASKAさん不起訴へ

警視庁によりますと、ASKAさんは、調べに対し「事実に反します。1回目の逮捕のあと、薬は見ていません。絶対やっていません」などと説明していたということです。

逮捕の損害

いくら、自由業とはいえ、逮捕⇒拘留されたことの損失は大きい。
信頼や、名前の損失、
前回の逮捕報道の時のマスメディアによる物質的被害から考えると
不起訴になる逮捕だったというのは自白目的の逮捕であり証拠が無かったとしか考えられない。
これって警察やりすぎだろうのパターン。

盗聴が

例えば日ごろ110番が多かっただとか、
「盗聴されている」というのが問題視する点だったというのであれば逮捕に至る根拠としては乏しいだろう。
疑わしいから逮捕ということはないにしても
逮捕して黒ではなかったでは逮捕の意味が問われるべき問題だ。
警察は真っ白な人でも逮捕する前例となる。

真相

福岡に行っていただとか、色々と疑惑があるようではありますが、
証拠が無いのに逮捕できてしまうというのが腑に落ちない、
結局このままだと警察が逮捕した理由が不透明だ。
まだASKA氏には他の媒体が報じている内容ではお茶を尿の代わりに提出していたといった内容が一部で報道されているので真相がわからないが、どちらにしても謎が残る
事件だろう。
本人がブログでどういう発言をするのか期待したい。

警察の暴挙
  1. お茶を入れて陽性だったら怖い
  2. 再検査しなかったことが謎。
  3. 逮捕したのに覚醒剤をやっていた人を家宅捜索して何も出なかったということが無実という気がする点。
  4. 警察のコメントは無い。
  5. メディアで報道されて名前公開されて自宅外観もほぼ公開されたような形

こんなのが起きている日本の警察はどうなのか非常に気になる。