2014年冬のニコニコ超会議(2014年4月26日- 4月27日)で自民党は、こんなことをしていたらしい。

自民党議員がアニメ絵化する不気味さ


超自民党学園(ニコニコ超会議)と記載があるが”超”ってどんなセンスなのが謎。
アニメ絵化するにも50-60代の議員ばかりの政治家の自民党が学園とか色々と狂っている。むしろ常識を疑う。政治家が学生絵になって誰と区なのかと思う。モンスター化とかならまだ理解しなくも無いがどちらにしてもアニメ絵化させるメリットは一切ないだろう。
アメリカとかでは絶対こんな無駄な事はやらないと思うのだが大手企業からの政治献金がふんだんな自民党ならではの無駄遣いにも思う。

政治家とニコニコ動画

元々自民党はニコニコ動画に積極的だったりと色々な面で怪しい。
自民党は元々アニメも規制に積極的だった筈なのに
ここにきてクールジャパンでアニメ産業推進だとか、アニメ絵を用いた選挙活動とか実に謎だ。

2014年に開催された第3回の「ニコニコ超会議3」では、大相撲幕張巡業、しんかい6500、AH-64D アパッチ・ロングボウの実物展示が行われた。また、前年に引き続き内閣総理大臣の安倍晋三も来場した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ニコニコ超会議

2013年には

自由民主党、民主党、日本維新の会、日本共産党などの政党が出展した。

とあるが2014年は自民の記載しか見当たらない。(詳細は不明)