クレジットカード現金化について
これはお勧めできる方法ではないので、
自己責任でお願いします。
基本的にクレジットカード決済は借金のような仕組みである。
クレカの支払いが普段から使いすぎていて、自己管理が出来ない人程お勧めできない。

注意事項

クレジットカードの現金化はグレーゾーンだということを頭に入れておいてください。
本来の使い方と異なるクレジットカードの使い方は違反している可能性があります。
このため、当ページに記載されていることは自己責任の範囲で
判断はご自身にお任せします。

決済はクレカで

その決済はクレジットカードで
幹事をつとめて、現金化
飲み会などの決済をする際に、
現金を集めてレジで会計するとは自分のクレジットカードで払う。
結果手元に現金が残るので、これが最も効率が良い。

換金ショップ

還元率が高い商品を買う
⇒売り払う
図書券や図書カードは換金率は低い。
まだ他の金券の方が高いことが多い。
特定の路線の新幹線のチケットなども高いものが多い。

街看板

町中で見かけるクレジットカード現金化の張り紙などは怖くて利用したくないでしょう、
行っている人も、グレーな人たちが行っている可能性が高い。
仕組みとしては、クレジットカード決済させる⇒代わりに*円の品物を発送する。
この際住所を相手方に伝える為、
結果個人情報が相手方に渡るリスクが存在しています。
中には最初の換金時に身分証の提示を求める会社も少なくありません。
差額を利益にするという仕組みなのでしょうけれどもクレジットカード会社からみると
やましい商売に付き合わされているわけで、良い印象はないはずだ。

クレジットカードの現金化

国民生活センターのサイトより
: トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > クレジットカードの現金化

一見、通常の商品売買のようですが、消費者にはクレジットカード会社へのショッピング枠利用分の返済義務が残っているため、渡された現金と立替金との差額を実質的な利息と捉えれば、高金利の借金をしているのと何ら変わりません。また、クレジットカードの現金化はクレジットカード契約に違反する行為でもあります。

携帯電を契約させる買取屋や
申し込み値段よりも相当上回る金額の事例に関する相談があるようです。
原則このようなWEBサービスや街頭・チラシなどのクレジットカード現金化のサービス利用はやめておきましょう。

クレジットカード関連の記事