中国人留学生が加害者で、日本人の親子が被害者の事件。

愛知県蟹江町で2009年に親子3人が殺傷された事件で元三重大留学生の中国人に死刑判決とのこと。

外国人犯罪

大学に留学している外国人の犯行だということや、
親子3人殺害という凶悪事件という点や
その他にも余罪がありそうなことから恐ろしい事件だと思う。

名古屋地裁で中国人に死刑判決・・・中国で「日本の市議にはなぜ、判決言い渡さない」、「死刑は当然」の声

罪状は強盗殺人、強盗殺人未遂

 松田俊哉裁判長は「強固な犯意に基づく冷酷な犯行で、極刑を回避する特別な事情はない」、「公判で不合理な弁解を繰り返し、反省も真摯(しんし)なものとは認めがたい」として、林被告に死刑を言い渡した。

『公判で不合理な弁解を繰り返し』というのはどういう主張が行われていたのかわからないが、
さすが反日国家の中国育ちという感じがする。

 中国でも多くのメディアも同判決を報じた。環球網は、林被告が当時、三重大学の学生であったことや、犯行の状況や逃走から逮捕までの状況を紹介。さらに、弁護側の「蟹江町での犯行当初は(強盗ではなく)窃盗目的だったが、(家屋侵入を)山田さんらに見つかり、動転して殺害した」などの主張にも触れた。
名古屋地裁で中国人に死刑判決・・・中国で「日本の市議にはなぜ、判決言い渡さない」、「死刑は当然」の声

『動転して殺害した』というのは発想に驚くばかり。
普通は逃げるに徹するだろうに殺害という発想に至るのはちょっと不気味すぎるし
普段からそういう思考の留学生がいたと考えるだけでぞっとする。

一先ず今後留学生だとか、海外労働者を連れ込むとこういう事件は増える気がしてならない。
さらこの該当の被告は覚醒剤の売買に関わっていたようなので、余罪はもっと有る気がするし、
外国人犯罪が日本を汚染している面も危惧すべきだろう。

三重大学地図

蟹江町の地図


蟹江町は名古屋ですが、何故三重大学の留学生が愛知県にいて犯行に及ぶのかパッとしない。

広島でも牡蠣の工場の社長らが中国人従業員に襲われる事件があったと思うが留学生の犯行多くないか?と疑問視してしまう。