日本への中国人の旅行者が増えているようですが、改めて中国人の特徴について紹介します。
1人っこ政策のせいで
男の比率が多いこと。
男女の比率も親が男の子だけをのぞむ人が多いせいか
少ない女性をとりまく文化も歪なものができあがっている。
当然男尊女卑社会になり、社会進出では男性社会がメインになる。

声がでかい。

男女問わず中国人の声のボリュームが大きい特徴がある。
日本の公衆の場で中国人が数人で話ししている様は目に付いて仕方ない。

何でも食う文化

足が4つあれば何でも食べるといわれるほど食事に関しては、ありとあらゆる物を食べる文化が根強い。
猫食文化や犬食文化
他各種なんでも中国人は食べる事は旺盛だ。
良し悪しはともかくマクドナルドの期限切れ牛肉問題でも見ての通り、食品の品質もまともでないどころか、
ゾンビ肉とよばれる『40年前の肉』などが報道されたことで、中国で製造されたり流通してきた肉は一切信用ができないと考えるべきだろう。

「ゾンビ肉」、中国で流通 一部は70年代生産の記録 
中国の税関当局が冷凍肉の密輸グループを摘発したところ、1970年代、80年代の肉が流通していたことが分かった。食品の安全問題には事欠かない中国だが、「ゾンビ肉」として話題になっている。国営新華社通信などが伝えた。
http://www.asahi.com/articles/ASH6R5JJ9H6RUHBI01W.html

大手牛丼チェーン店のウナギの身は本当に信頼できるのかがどうかが謎である。

関連する本の通販


I/51PYx4kylfL._SL500_.jpg” alt=”そこが知りたい!中国人との付き合い方~中国要人が教える中国式人心掌握術” align=”right” border=”0″ />

    そこが知りたい!中国人との付き合い方~中国要人が教える中国式人心掌握術

    今や、世界一の外貨保有国となり、経済・政治をはじめ何れの分野においてもその存在を無視できなくなった中国。その影響力は、アジアのみならず地球全体に及ぶようになった。日本も生き残りをかけて、どう中国とつき合うかが大きな課題となっている。
    しかし日本は、中国と仲良くしたいのか喧嘩したいのか、政治の行動を見ていてもマスメディアの報道を見ていても、今ひとつ理解に苦しむ。

    日中間は主義主張にとらわれず、良き隣人でなければいけない。
    今中国人とかかわっている人、これからかかわるかも知れない人に、私が教えられた「中国人との付き合い方」を本著によって伝える。本文の1行でもヒントになり、中国人とのビジネスや交渉が滞りなく進めば、本著を記した目的が達成できたといえる。

  • メーカー: 鈴木健介
  • 出版社: メディアタブレット
  • 発行日:2013-12-25



そこが知りたい!中国人との付き合い方~中国要人が教える中国式人心掌握術

喧嘩っぱやい。。

中国で喧嘩は多い。
面子を重視する文化からなのか、一先ず
老若男女とわずとっくみあいの喧嘩を街中や公共機関で行う民度はOutube動画のなかからでも見受けられる。

タン壺

大気汚染が酷いこともありますが、中国では町にタン壺が置かれているほどタンを嘔く人が多い。
日本でも街中でタンやゲロ・唾をはくひとはいますが比較にならない程度に中国ではタンをはくひとがおおい

反日思想が強い

中国も韓国も反日教育が施されている。
中国では天安門の事件などは一切触れない歴史に+鬼畜な日本人のイメージを強く刷り込んでいる中国メディアや教育のおかけで日本のことを正しくしらない中国人は、相当な偏見をもっていると考えられる。

  • 中国人は日本人を「鬼」扱いするが韓国人はトウモロコシ扱い
    2015.07.26 07:00
    http://www.news-postseven.com/archives/20150726_336845.html
  • この記事でも『日本人を『日本鬼子(リーベングイズ)』』と呼んでいることを紹介している。
    しかし反対に中国人の日本への旅行や日本での不動産購入は増えているというのだから呆れるばかりである。
    中国人による「都心不動産購入バスツアー」東京都内の物件買占め?
    この事でマンションでのゴミだしなどでは中国人と日本人との間でトラブルが起きていると報じている記事も存在するようになっている。
    日本で電車で大声で話していたり、各種トラブルが多いのは、中韓の旅行者だったりすることはいうまでもないが、中国人と日本人が共存するのは相当文化差が大きい隔たりに感じてしまう。
    韓国人の特徴

    中国人旅行者

    中国人旅行者や留学生によるトラブルは多い。
    2015年現在においても日本に来る中国人旅行者は増えているが食べ歩きした手で商品を触ったりすることや、注文した数購入しないなど、適切ではない物が色々と報道されている。

    店員に暴行の中国人夫婦逮捕 会計前にアイス食べ注意されて 札幌

    北海道新聞 9月28日(月)7時0分配信

    自称、上海市の銀行員
     コンビニエンスストアで会計前の商品を食べたことを注意した店員に暴行を加え、けがをさせたとして、札幌中央署は26日、傷害の疑いで、いずれも自称中国上海市の銀行員の男(36)と会社員の女(25)を現行犯逮捕した。

    2015年度現在でもこのようなことやらかしてくれているのだ。
    妻が侮辱されたとおもって殴りかかるとかどんだけだよと思うばかり。