神宮外苑のイベントの展示物で火事?
子供一人死亡という事故らしいのですが
危機管理能力の欠如による死亡事故に思えてならない。
こういう現状だと似たような事故多発しそうだ。

http://www.asahi.com/articles/ASJC66HL3JC6UTIL01H.html
http://www.asahi.com/articles/ASJC66HL3JC6UTIL01H.html

事故が起きた日時が、2016年11月6日午後5時15分頃、とされている。

神宮外苑の催しで展示物燃える 5歳男児死亡、2人負傷

 警視庁四谷署などによると、健仁君は高さ約2メートルのジャングルジムの中で遊んでいたとみられる。父親や来場者らに運び出されたが、すでに心肺停止の状態だった。焼死とみられる。ジャングルジムの骨組みには、アートとして、かんなくずのようなものが絡みつくように飾られており、中から電球で照らしていた。署は電球が発する熱などが原因で、このかんなくずのようなものから出火した可能性があるとみて、業務上過失致死傷容疑も視野に調べる方針。

5歳男児死亡ということらしいのですが
焼き殺されたという表現に近い事故だろう。
怪我した人は父親が含まれているらしいが悲惨すぎる。

事故現場


東京都新宿区霞ヶ丘町の明治神宮外苑
毎年のように同じイベントは開催されていたらしい。
企業や大学の現代アートが展示されていたとのこと。
事故があったジャングルジムは、日本工業大学の工学部建築学科などの学生が制作したもの。

何故死亡事故?

消防法とか適用がなされる場ではなかったのだろうか?
イベント場であればこの手のトラブルに関しての対応とか想定されていそうだが死亡事故というのは、ザルすぎるだろう。

火元は?

ライトの明かりや電源などの疑いが考えられる

#shotoniphone7plus #iphone7plus #gettytdw2016 #tokyodesignweek2016 #tokyodesignweek #children #junglegym

A photo posted by Satoshi H aka ARCH (@satoshi_h_iphone) on


燃えやすそうすぎて何とも言えない。
ただこれは室外という点でもその他の客からは「演出だと思った」という声もあるように
関係者でなければこれがアクシデントなのか見分けがつかないという点でも
関係者の管理責任は大きいだろう。
展示物だと作ったら担当者とか現場にいない感じのイベントだったのですかね。

運営元

イベントの主催が東京デザインウィーク株式会社という所で
経済産業省が後援

思うに

消火器が何故ない?ということと火がついて眺めていたのかこいつらと思ってしまう。
いざという時の危機管理能力なさすぎなのではと思うのですがこんな状態だと
何か起きた時日本だとパニック以前に無駄に被害者が増えそうな予感すらする。