クマがいる山に自ら入るなんてただのバカという記事が目に留まったので考えてみる。

ヒグマの写真
ヒグマの写真

他の危険な生き物が住んでいてもバカなのか?

例えば沖縄や南西諸島にはハブがいる。
ハブに噛まれたら30分以内を目安に結成を打たないと死ぬリスクが強い毒だ。
しかし毎年何人もの人が噛まれている。
この人たちに底に住んでいるのがバカなんだといえるだろうか?
サトウキビ刈りの仕事

熊の危機

熊自体は減っている。江戸時代とかならまだしも今は高速道路がくまなく通り、山奥といえるエリアは一定数存在はするが人が駆け付けれないエリアはわずかだ。
車とヘリコプターという手段さえ駆使出来れば、人が行き来かのうなエリアは格段に広がっている。
当然自然への影響も有り、クマは減っている。
人がクマとあう機会も減っているのではないだろうか?

なぜ、クマがいる山に自ら入るのか?収入・文化…過疎地で見た現実
https://withnews.jp/article/f0171231002qq000000000000000G00110601qq000016410A

ツキノワグマ
ツキノワグマ