千葉県の進学高で猫生き埋めにした事件があったようなのですが、なぜこんなことをする輩が教師をやっているのかがワケがわからない。

千葉県の進学高に衝撃 生徒に穴掘らせ…教諭が子猫生き埋め- 夕刊フジ(2015年3月24日17時12分)

 事情を知りショックを受けた別の生徒の保護者から9日、学校に問い合わせがあり発覚。教頭が「(そんなことは)あろうはずがない」との思いで本人に聴くと、「このまま放っておいたら死んでしまうだろうと思った」「処分の仕方がわからなかった」などと事実を認めたという。子猫が埋められた穴は、学校敷地内のすみにあり、23日、捜査のために掘り起こされたのか新しい土が露出していた。

 「生徒の指導に厳しい一面があったが、これまで特に問題行動を起こしたことがなかった」(同校関係者)この教諭。学校は20日に緊急の全校集会を開き、生徒に事情を説明した。「話を聞いて、みんな『えっ?』と驚いていました」(生徒の1人)。その場で教諭の名は明かされなかったため、「○年○組の担任の先生らしい」(1年生)など、さまざまな憶測も呼んだ。同校は24日に臨時の保護者会を開く。

事件の流れが

  • 教師は、男性教諭
  • 日付けと時間:3月6日午前11時頃、
  • 場所:校舎敷地内で野良猫が産んだとされる子猫5匹を発見。
  • 同日午後4時に、男子生徒3人を呼び、
    1人にスコップを持ってこさせ、
    もう1人にスコップの上に子猫を乗せるのを手伝わせた。
    最後の1人に穴を掘らせた後、生徒を解散させ、教諭自らそのなかに子猫を入れて埋めた。
    5匹のうち、少なくとも4匹は生きた状態だったという。

教師が変なだけなのか?

教師一人が行った犯行ならまだしも、生徒を手伝わせる動機が不明だし発想がオカシイ。
こういう人材が教壇に立っているというのもどうかと思う。

ねこ自身

ねこ自身


ねこを愛したい&ねこに愛されたい!
そんなあなたへ「モフッ! 」とお届け
世は、空前の「ねこブーム」。
そんな中、雑誌「女性自身」編集部のねこ大好きスタッフが集まり、
「ねこへのあふれる愛情を1冊にしたい! 」と、あるプロジェクトが動き出しました。
それが『ねこ自身』です。

  • 著者: 女性自身編集部
  • 出版社: 光文社
  • 発行日:2015-12-28
  • ねこ自身