週刊ポストは「断韓」記事
見出しに週刊ポストが「韓国は要らない」とつけた発売の意味は必要だと思う理由。

表現の自由

市場遺体が韓国に対して必要ないと発言するのは自由だろう。
これが仮に国会議員だったりすると問題視するのは理解できるが所詮外交に決定権が無い民間企業の1社でしかない。※大手出版社ではあるがテレビほどの垂れ流し影響力は無いし電波とも無縁だ。

作家の反対

作家が今後仕事しないというのも労働の自由だし職業選択の自由で勝手に判断すればよい事。
小学館で仕事しないことは個々の作家の自由裁量でしかない。
ただし週刊ポストの「韓国は要らない」を否定する材料としては弱い。
動機付けがヘイトだからなどと語っている文言が多いが、
韓国も不買運動や日本を追い越すなどと主張しているのだが、日本が韓国を必要ないというのは果たしてヘイトに当たるのだろうか?

怒りを抑えられない韓国人の病理

韓国人の火病に関してはWHOが認めている症例だ。
現に起きている韓国政府による日本に対しての揚げ足取りも根拠がない物が多い。
韓国のマスメディア媒体も日本の小さなことで竹の腕時計を金の腕時計と報じたり他にも様々なフェイクニュースまで酷使して日本叩きに躍起になっている。
韓国を擁護している人は、日本に厳しいだけで韓国に緩い姿勢が垣間見えるのだ。

断交したらどうなるのか?

北朝鮮に歩み寄り過ぎてアメリカすら蔑ろにしかねない今の韓国大統領の政権と日本がヘコヘコすることは自殺行為に他ならないだろう。
ただでさえ韓国は情報監視や国民間の共同で反日活動に物言えない土壌が出来上がってしまっている。

香港では権力による「表現の弾圧」と命がけで戦ってる若者がいるというのに、日本では民間人どうしの「表現の潰しあい」ばっかりやっている。
臆病で、偽善的で、劣化した連中ばっかりだ。

日本でも私利私欲のために言論統制したい思惑の人たちがいるんだろうなと感じた騒動だといえる。
法務部が有る出版社ですら、『外交問題の記事』で、有象無象の声に簡単に謝罪ページ掲載してしまうのだから。
韓国の中央日報とか原爆の被害すら神罰と掲載する媒体が存在しているのに。
ロビー活動でも韓国は嘘でも何百回でも連呼することで真実に置き換えているというのにだ。
レーザー照射問題で韓国がどういう言い訳をしたのか既に頭の中から忘れたのだろうか?
自分に銃口突きつけられないとこの週刊ポスト否定派は何も理解でき胃なのではなかろうか。
ミサイルを太平洋に向けて発射している国と歩み寄ろうとしている国なのだが現実直視していないだろうに。
日本の韓国批判に対しては、やたらと威勢が良い日本の物書き多すぎる気がする。
自国の利益損なうことに達者なバカな物書きばかり掲載させる必要もないだろうに。

韓国政府に脅されているのか買収されているのか?とすら疑いたくなる。
果たして今回の騒動で傷ついた韓国籍や朝鮮籍の日本に住む人が存在したのか甚だ疑問だ。
むしろ韓国に渡航して暴力振るわれた日本人女性の方が被害は明確だろうに。

雑感

週刊ポストの「韓国は要らない」記事は必要だったという事につきる。
週刊ポストが謝罪したことは、発言してはいけいないことへの拡大解釈につながる恐れがある。
何をもってして謝罪したのかが訳がわからないのだから。
否定派が調子に乗る前例となってしまったことは今更否定できない。
これからは更に反日の勢力は過激化するだろう。
今後韓国に否定的な意見を言う人をバッシングすることを助長する材料にもなる。

韓国産キムチや韓国産携帯電話やメモリー、PCなどは使えなくなっても全く支障はないよ。
一度脱亜論どうりに進展してもよいのではと思えて仕方ない。

週刊ポストの「韓国は要らない」記事