中学生同士の暴力事件で膝蹴り入れて失明させても5千万円の賠償命令程度らしい。
こんなことが許されるのだろうか?
失明させて5千万円とかだと余生過ごすのにはあまりにも足りない賠償額にしか感じられないのだが。
億円単位でないのが不思議。

ひざ蹴りされ失明、生徒と親に5千万円賠償命令

– 読売新聞(2014年12月4日09時58分)

福岡県みやこ町の町立中学校に通っていた少年(16)が、上級生(18)から暴行を受けて右目を失明したとして、上級生と両親、町を相手取り、約6260万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁行橋支部の宮崎朋紀裁判官は2日、上級生と両親に約5280万円の支払いを命じた。

 町への請求は棄却した。

片目だけとは言え視野の半分失うことが5千万円というのは運転免許とかでも今後支障が出ることが考えられるし様々な生活の支障が出ることを考えるとちょっと割りに合わないと思うが。
あとこの上級生は刑事罰はどうなっているのかも着になるところ。

この程度の賠償額だと今後の不当な暴力の抑止にはならない気がして腹が立つ。
数億の賠償決定するくらいの裁判官の判例出して欲しいものだ。

 一方、学校側の責任については、「上級生が他の生徒へ危害を加える恐れを予見することは困難だった」として請求を退けた。

あと学校側が予見できないとか、普通に考えて生徒が生徒に暴力振るう事件とか過去に多々あるのに予見が困難とかワケがわからない。
この裁判官ちょっと変なんじゃないのかと感じるばかりだ。
学校で起きたと記載されているのに『校舎内の廊下で、』これで学校側の責任がないというのは無理がある判決に思う。

日本の現状

日本って人の可能性を潰すことに関して結構緩いことは腹立たしい。
不当解雇とかパワハラやセクハラがまかり通っている日本なので本当迷惑行為にも厳罰で挑めばいいと思うが。
上級生から不当な暴力を受けたことは私も経験がありますが、この手の暴力バカの不当な暴力で怪我したことについての判例としてはこりはちょっと酷い事例な気がする。

2014年現在、ここ数年でも中学生や高校生などのイジメなどの問題で多々学校内の問題は度々上がるが、登下校の監視カメラ設置とか考える前に学校内の監視体制を徹底的に整えろよと思う。

通販


I/51pWs1b5veL._SL500_.jpg” alt=”毒親からの完全解放 (本当の自分を取り戻して幸せになる7つのステップ)” align=”right” border=”0″ />

毒親からの完全解放 (本当の自分を取り戻して幸せになる7つのステップ)

  • 著者: 影宮 竜也
  • マイナス思考・心のモヤモヤ・うまくいかない人間関係……。
    生きづらさの原因の9割は親との関係にあった!

    「親」が苦しいすべての子どもたちへ、本書を捧げます。

    近年、子どもに悪影響を与える親が「毒親」としてクローズアップされています。
    生命の危機に関わる悪影響を与える親が増加し、ますます「虐待社会」となりつつある現在。

    駅の構内で、小さな娘に蹴りを見舞う母親。
    小学生の息子を放置し、餓死させる父親。
    すべての根幹は、子どもを自分の思い通りにしようとする親の歪んだ心にあります。

  • 出版社: アチーブメント出版
  • 発行日:2014-10-06


  • 毒親からの完全解放 (本当の自分を取り戻して幸せになる7つのステップ)