生きていたら何度かは夢見てしまう宝くじの当選確率について
ここでは、日本国内で一般的に販売されている宝くじの当選確率について紹介したい。

宝くじの当選確率

種類 確率 当選金額
年末ジャンボ宝くじ 1/20000000 約7億円
ロト7 1/10,295,472 約4億円
ロト6 1/6096454 約1億円
ミニロト 1/169911 約1000万円
ナンバーズ4(ストレート) 1/10,000 900000円
ナンバーズ3(ストレート) 1/1,000 90,000円

年末ジャンボ宝くじは1等の当選金額を倍近い金額にしたことで組数が倍になり当選する確率が倍に減った。
結果としては最も当選しにくい宝くじとなってしまったわけです。
2015年年末ジャンボ宝くじで1等当てた画像を投稿したTwitterのツイート

ロト7の当選金額と当選確率は旧来のジャンボ宝くじと同等の金額と当選確率である。
ただし回数が1年間通しても毎週行われている為に 億万長者を輩出しやすいのはロト7が最も現実的だろう。
デメリットとしては、1等当選者が複数いると理論値の当選金額すら割り込んでしまうことが度々あり1等でも数千万円しか手に入れれない可能性もある。
ロトセブンや6ミニロトで高額当選する方法|宝くじ

サッカーくじ

種類 確率 当選金額
BIG 1/480万 最大6億円
toto 約1/160万 最大2億円

サッカーくじはBIGとtotoが当選金額が大きいくじとして知られている他、100円から購入可能なくじも有る。
big 1000:1口200円
100円BIG:1口100円
miniBIG:1口200円
などの買い方も有る。

toto:1口100円
mini toto:1口100円
toto GOAL:1口100円
BIGは機械が当選組数を自動で判別することに対して
totoは、自分でサッカーチームを選ばないといけないため戦略的知識が欲しいのがハードルであり詳しければ優位に作用できる。
totoの方が競馬などに近く Bigは、ロトセブンなどの通常の宝くじに近いといえる。

「ロト7」大攻略 |宝くじ

スクラッチくじの当選確率

定期的に地方自治体が販売しているスクラッチくじは、当選確率が毎シーズンバラバラである。
1等の当選金額が高いときは100万円程度の額ですが当選枚数も少ない。
逆に1等の金額が低いときは当選枚数も多いため当選しやすい。
現に2等を当てたことがあるのですがその時は低い当選金額でした。
スクラッチくじ2等当ててしもうた|宝くじ

FX口座はハイスペックな業者で選ぶ1通貨から取引可能。1ロット1000万通貨まで約定が可能